ラディアンス倶楽部 04

ラディアンス倶楽部


 
こんにちは。プロ・アクティブスタッフ「みり」こと、遠藤です。
毎月、体も心もリラックスして心地よく感じていただけるようなヨガのポーズや日常生活にとり入れやすいエクササイズをご紹介していきます。
ヨガレッスン タイトル
 
  木々の緑が芽吹き始める5月。
淡い緑色を見ていると、心もふんわり軽くなるように感じます。 甘い花の香り、心地よい風、やわらかな太陽の光、草木の芽吹き、山菜など旬の野菜、五感をフルに使って体全体で季節を感じると気持ちがよいですよね♪

今回、ご紹介するポーズは『やさしいウサギのポーズ』首や背骨を気持ちよく伸ばすことで自律神経を整え、疲れなどで凝りやすい頭の筋肉を意識的にほぐしてあげると、頭痛や肩こり予防にもなります。

また、頭頂にある百会(ひゃくえ)のツボを気持ちよく刺激することは眼精疲労にも効果的なんですよ!正しいヨガの正座を確認しながらポーズをとってみましょう。
 
  やさしいうさぎのポーズ ~正しい正座の仕方~
※首を痛めている方、首の弱い方は無理しないようにしましょう。
 
 
正座の姿勢になりましょう。普段している正座とどのような点が違っているか、確認してみましょう。

立ちひざの姿勢で両膝・左右の足の親指、かかとも揃えます。揃えたかかとの上に、坐骨(オシリの一番下にあるゴリゴリした二つの骨)をおくようにゆっくりと腰を下ろします。

かかとを開いてその間に腰をおろしてしまうと、骨盤が開いたままになってしまいます。できるだけかかとは閉じるように心がけましょう。

肩の力を抜いて、姿勢を正します。胸を張りすぎると、腹筋の力が抜けて背骨が湾曲しすぎてしまいますので気をつけましょう。
腰から頭までまっすぐなイメージです。






両手のひらを開き、脇をしめて両膝の前で肩幅におきましょう。
息を吐きながらかかとからオシリが浮かないところへおでこをおきます。背中はまるくなっていて大丈夫です。
ここで呼吸を整えます。
息を吸いながら両手で床を押し、両手・両膝ひざで頭や首にかかる体重を分散させるように、お尻を持ち上げます。目線はおへそです。
頭頂に重心がのり、安定したら負担がかかりすぎないように、呼吸をしながら左右・上下とゆっくりと頭頂の体重移動をしましょう 首筋や背骨の伸びを感じます。頭の位置を逆転することで、呼吸とともに新鮮な血液を頭にも送りましょう。
5呼吸を目安に動きを止めて息を吐きながらオシリをかかとの上へ、おでこを床へ戻します。呼吸を整えて、背骨1本1本をおこすようにゆっくりと元の姿勢に戻ります。
   
 



アクティブクッキング
 
用意するもの
●豚バラ薄切り200g ●里芋 4個 ●大根 1/4本 ●ニンジン 1/2本
●長ネギ 1/2本(白髪ネギに) ●ゴボウ 1/2本 ●こんにゃく 1/2枚
スープ・スープ 2包(20g)  ●玄米元氣(あればでOK)

豚バラ、里芋は一口大に切り、大根、ニンジンはいちょう切りに。ゴボウはささがきして酢水につけてアク抜きをしておく。こんにゃくは熱湯でサッとゆでる。
豚汁 材料
豚汁 スープスープ
豚汁 玄米元氣
豚汁 合わせ味噌
   
鍋に油を熱し、豚肉を炒めたらニンジン、里芋も加え、黒コショウをふる。
   
水4カップを加えて、「スープスープ」を2袋入れる!(←最高に美味しいだし汁の代わりになります)
さらに「玄米元気」も加えるといっそう美味しくなります。
大根、ゴボウ、こんにゃくを加え、アクをこまめにとりながら弱火でやわらかくなるまで煮る。
   
煮えたら味噌と少量の酒を加える。
(味噌は辛口が美味!)
   
椀に盛り、白髪ネギを加えて出来上がり♪
これだけでおかずになるボリューム満点の一品です。
 
玄米元氣 焼き豚 完成
ボリュームも栄養も満点、おなか大満足!
 



 

ページトップへ