File.4 美しいもの

フォトグラファー橋本和典のFOCUS eye

file.4 美しいもの

file.4 美しいもの

四人の息子たちが
年間最重要行事と位置付けること。
夏休みに紀伊半島南端の古座川で過ごすのだ。

古座川の流れは透き通り、
川で泳げばアユの俊敏な姿を見つけることができる。
少年たちは川に浸かりっぱなしだ。

釣り、魚捕りは知恵比べ。
潜り方も仕掛けも年々進化している。
鹿を生け捕りにしたいと
山から取ってきた枝や弦でワナを仕掛ける。
岩に上り6〜7メートルの高さから川に飛び降りる。
カヌーを漕ぎ、速さを競い、ぶつけあう。

古座川に集まる男子は
大人も子供も少年の顔になっている。

一週間を遊び倒した少年たちは、
帰りの電車、もう来年の話で目を輝かせている。
そしてまた一年間、
古座川の青空を思い浮かべながら
ウナギ捕りの作戦などに知恵を絞るのだ。

フォトグラファー 橋本和典 はしもとかずのり

1963年生まれ、人物、風景などに関わらず美しいものにシャッターを切る。ありのままに光をあてる家族撮影を
国内外で展開。プロ・アクティブの撮影にもご協力いただいています。
//www.kazufoto.com/

 

ページトップへ