File.5 美しいもの

フォトグラファー橋本和典のFOCUS eye

file.5 美しいもの

file.5 美しいもの

昔はこの線路をサトウキビを載せた列車が走っていた。
時が経って線路も歪み、それが郷愁を誘う...
という話ではなく、れっきとした現役の鉄道線路だ。

インドネシア、ジャワ島スラバヤの郊外、
インターネットでたまたま写真を見たのをきっかけに
衝動的にやって来てしまったので、
インドネシアに着いた時点ではどこに存在するのかも
わからなかった。

昨日空港で合流したばかりの現地の若者と、
町から村から車を走らせ人々にたずねまくり、
なんとか一日でたどり着いた。

60センチほどの狭い幅の線路を、
つい最近まではSL(蒸気機関車)が走っていた。
近年ディーゼル機関車に移り変わったそうだ。

線路はサトウキビ畑と製糖工場を結んでいて、
一日一往復、
長い貨物列車が歩くようなスピードで走る。

踏切の番をしていたお兄さん、彼もずいぶん
間の長い仕事に就いているなぁと思うんだけど、

「次、何時に列車通る?」と訊ねると、
「2時」。2時間半後だ。
「じゃ、また来るよ」。

じゃ、まぁ、
とりあえずどっかに昼メシに行きましょうか。

フォトグラファー 橋本和典 はしもとかずのり

1963年生まれ、人物、風景などに関わらず美しいものにシャッターを切る。ありのままに光をあてる家族撮影を
国内外で展開。プロ・アクティブの撮影にもご協力いただいています。
//www.kazufoto.com/

 

ページトップへ