Taccoの発酵生活 Vol.02 いろいろな料理に使える『玉ねぎ酵母』

発酵ナチュラリストTaccoの今日からはじめる発酵生活

Vol.02
いろいろな料理に使える『玉ねぎ酵母』

もうすぐ梅雨ですね。

梅雨の季節は、肌寒かったり蒸し暑い日が続いたりすると、体温調節や発汗作用がうまく働きにくくなります。

体内に水が溜まると、偏頭痛や消化不良、気分もスッキリしない日々が続く「水毒」という症状が出たりします。

そのような時は、食べ物の力、発酵の力を借りて乗りきっています。

新玉ねぎが美味しい季節ですが、旬の食べ物はからだを調節してくれる成分・効能が含まれており、まるで自然界が用意をしてくれているかのようです。

今月は、ちょっとひと手間かけて玉ねぎを発酵させ、成分と旨味を凝縮させた「玉ねぎ酵母」をご紹介します。

玉ねぎをみじん切りにして、清潔な瓶に入れて冷蔵庫で4日ほど低温発酵させます。低温に置いておくことにより、強い乳酸菌が活躍し、5日目に常温に置くことで酵母へと発酵させていきます。

玉ねぎ酵母

【材料】

●玉ねぎ...中3個(約600g)

●水...大さじ3

●保存容器 800㎖ ビン

【作り方】

①ビンの中、フタに熱湯をかけて、熱湯消毒をします。

②玉ねぎ3個をみじん切りにします。

③ビンに②の玉ねぎ、呼び水の大さじ3を入れます。

④ビンのフタをして冷蔵庫に4~5日ほど入れます。

⑤冷蔵庫から室温に1~2日出し、フタを開けた時にポンッと音がしたら完成です。

※発酵後は冷蔵庫で保存しましょう。

※毎日1回かき混ぜると雑菌防止になります。

この玉ねぎ酵母があると、カレーやオムライス、玉ねぎドレッシングなど、いろいろな料理にすぐに使えてとても便利!

酵母のおかげで旨味も出て、スープなどにもコクがでますよ。

玉ねぎには消化、血行をよくする作用があるので、梅雨の時期は意識して玉ねぎ酵母スープをいただくようにしています。

利尿作用を促し、余分な水分をとってくれますよ。

カラダを温めながら消化も促すスープで、梅雨の季節を乗りきりましょう!

発酵食で腸元気!キャベツの乳酸菌がたっぷり!ザワークラフト

■作り方

①Aを混ぜ合わせ、鶏団子を作ります。

②Cの出汁、塩を煮立たせて、①の鶏団子とBの玉ねぎ酵母を入れてコトコトと煮ます。

■材料

A

●鶏ひき肉 150g

●生姜みじん切り 大さじ1

●片栗粉 大さじ1

●みりん 大さじ1

●塩 小さじ1/4

B

●玉ねぎ酵母 60g

C

●出汁 1000ml
●塩 小さじ1/2

発酵生活研究家/ナチュラルシフト 共同代表
栗生隆子 くりゅう たかこ(Tacco)

シンプルな暮らし、家庭でできる発酵生活を実践したところ、長年の腸の疾患を自然治癒力で完治。その経験から目に見えない菌が健康にも環境にも大切な役割をしていると知り、菌の世界から発酵への理解を深める。
「発酵・循環・調和」をテーマにした執筆活動や講演を行う。
『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!』(マキノ出版)、『体も家もピカピカになるお米の発酵水』(扶桑社)など著書、監修本多数。

●ナチュラルシフト //naturalshift.com

 

ページトップへ