ハーブ便りVol.6 2012年1月 「松」

ハーブ
松

新年明けましておめでとうございます!

2012年、新たなスタートとともにおすすめの香り「マツ(松)」をご紹介したいと思います。門松をはじめとして、お正月のイメージもあるので、「日本らしい」植物と思われている方も多いのではないでしょうか。

マツといっても種類は様ざま。世界各地に生育しています。アロマテラピーでも多くの種類の精油が用いられます。今回はよく使われるマツ科の3種をご紹介します。

①ヨーロッパモミ (マツ科モミ属) 
葉から抽出される精油は、呼吸器系のトラブルに。抗菌作用に優れ、風邪をひきがちなこの季節にもおすすめ。マッサージオイルにプラスして、筋肉痛や神経痛にも。

②スコッチパイン
<またはヨーロッパアカマツ> (マツ科マツ属)

葉から抽出したオイルは、ヨーロッパモミと同様の働きがありますが、
水分代謝を高めて循環をよくしてくれる作用があります。疲労を和らげてくれる香りとも。

③アトラスシダーウッド(マツ科ヒマラヤスギ属)
少し重みのある落ち着いた香りが特徴。木部から抽出される精油は、
抗菌作用に優れ、空間の浄化にも。
また、免疫刺激作用があり、不安や緊張を和らげる助けにも。
ヘアオイルにもブレンドされます。


マツの仲間の精油はあげればきりがなく、香りも様々ですが、
その共通した特徴はなんといってもその清々しい香りにあります。
室内にいながらにして森林浴をしているかのような気持ちのよい空間を演出してくれます。

ディフューザーを用いて芳香浴をしたり
(ない場合はお湯をはったカップに精油を数滴たらすだけでOK!)、
お風呂に数滴いれて入浴するだけでも十分楽しめます。

清々しいマツの香りとともに、新年のスタートをされてはいかがでしょうか。

1月のレシピ 森のバスソルト
    ☆部屋に香らせるだけでも、風邪のはやるこの季節の
予防対策になります。 そして、とてもよい気分にもしてくれます!
 
     
  ● 海塩 30g
 ヨーロッパモミ精油 1滴
 スコッチパイン 精油 1滴
 シダーウッド 精油 1滴
 
     
 

*容器の中で全てをよく混ぜてから、お風呂に入れます。
よくかき混ぜてから入浴してください。


<注意>
*マツ科の精油の中には特に妊娠中の使用を避けたほうがよいものもあります。
*皮膚に刺激がある場合もありますのでご注意下さい。低濃度での使用をおすすめします。

 
 

東京・早稲田 ハーブ&アースセラピーサロン
「プラ・ビダ・エッセンシャルズ」主宰。

セラピストとしてトリートメント及び各種講座などを開催。
オリジナルハーブティー、アロマ関連製品の商品開発経験多数。
アロマ環境協会認定インストラクター。

 

◆Pura Vida essentials プラ・ビダ・エッセンシャルズ
//www.puravida-essentials.jp

 
 



 

ページトップへ