【漢方的生活】Vol.13 如月

四季と寄り添う〜利奈の漢方的生活

[連載Vol.13 如月(kisaragi)]春の養生はイライラせず、自然に合わせてゆったりと過ごすことが大切です。

梅の中でもとりわけ早く咲く蝋梅(ろうばい)の芳しい香りは、まだ寒々しい冬の風景の中、春の訪れをいち早く知らせてくれます。

2月は春の始まりで、いろいろな事物の始まりです。
節分の行事である豆まきは、追儺(ついな)という儀式から発生したといわれています。

中国の顓頊(せんぎょく)帝の3人の子がこの世を去ってから鬼となり、部屋の隅に巣食って人を驚かす悪戯をするので、年の境に、宮中の鬼を追い立てるように方相氏(ほうそうし/鬼を追い払う役人)に命じたのが始まりといわれています。

方相氏は黄金の四つの目の面と熊の毛皮を被り、黒と朱の衣をまとい、矛と盾を持ち、百人の下僕と子供達を引き連れて、桃の弓に棘の矢を番(つが)えて太鼓を打ち鳴らし、赤玉を投げ、五穀を撒いて鬼を追い払いました。

鬼とは「目に見えぬもの」、つまり疫病を象徴しています。

追儺の儀式が終わると新春を迎えます。

さて、五行学説で春は「木」の季節です。

太陽の力で暖められた空気が動き、風が起こります。冬眠状態だった自然は目を覚まし、木々の芽が膨らみ始めます。「木」は外へと広がるエネルギーを持ちます。

五臓では「肝」が木の性質を持っていますので、「肝」は木々の枝葉の様に伸び伸びとしていることを好み、窮屈なこと(ストレス)を嫌います。

また、大地は冷たいのに暖められた空気が上昇するので、上半身は暖かいのに足が冷える「気逆」の状態になりやすく、イライラしたり、興奮しやすくなります。
気分が急(せ)いたように感じる方も多いはずです。

春の養生はイライラせず、自然に合わせてゆったりと過ごすことが大切です。

冬よりも少し早起きを心がけ、リラックスして陽気の生長を促進するように心がけましょう。

寒仕込みで味噌作り

味噌はこの時期に仕込むと、味に深みが出て美味しく仕上がります。

材料(中辛味噌3kg分):● 大豆690g ● 麹1060g ● 塩420g ● 盛り塩適量

作り方:①2 0時間水に浸けて充分に吸水した大豆を柔らかく茹で、温かいうちに潰します。②分量の麹と塩を混ぜた中に、①を加えてしっかり混ぜます。③ハンバーグを作る要領でペタペタと団子状に丸め、消毒した容器に押し込みながら詰めます(空気が入らないように)。④味噌の表面に空気が入らないようにラップをし、ラップの上から容器のへりに沿ってぐるりと塩を盛ります。中央にもくぼみをつけて塩を盛ります。⑤冷暗所で保管し、時々様子をみて盛り塩を交換します。

夏を越えた頃からが食べ頃になります。

漢方薬局 桃仁堂 平部 利奈 ひらべ りな

薬剤師(薬品物理化学修士課程卒) 日本ホメオパシー医学会認定薬剤師。 東洋医学を含む代替医療に可能性を感じ、日々いろいろな療法を研究中。 薬局は漢方中心ですが、フラワーエッセンス、栄養療法なども取り入れています。
プロ・アクティブの人気商品、糀ドリンク・結シリーズ『糀・乾ショウガ+』の監修もしていただいています。

漢方薬局 桃仁堂
//www.toujindo.com ☎03-3321-7405

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア