【今すぐできるキレイの作り方】おなかやせには腹筋運動よりもスクワットを!

こんにちは。健康・美容ライターの垣内です。
毎月、手軽にできて効果を実感できる簡単な美容法をご紹介します。

ライター・かっきーのキレイの作り方

今月の美容法おなかやせには腹筋運動よりもスクワットを!

✽ 「お正月太りでお腹についた脂肪をなんとかしなければ!」と、腹筋運動を始める人もいるかもしれません。

でも、実は腹筋運動はおなかやせにはあまり効果がないことを、カリスマトレーナーの村上晃平さんに教えていただき、驚きました。

おなか周りについているのは脂肪。

やせたい部分の筋肉を鍛えると、筋肉はつきますが、脂肪は落ちません。

食事や運動で脂肪が減少するときは、全身の脂肪からまんべんなく代謝され、おなか周りだけの脂肪を減らすことはできないのです。

そのため脂肪を燃焼させるには、気になる部分のトレーニングを頑張るのではなく、1回のトレーニングでカロリーの消費量を増やし、全体の体脂肪を減らしていくことがポイント。

その最適なエクササイズが「スクワット」なのです。

スクワットは下半身の筋肉だけでなく、体幹や上半身の筋肉も使います。
カロリーの消費量が多いスクワットを行うことで、全体の脂肪量が下がり、たくさん脂肪がついているおなか周りも引き締まってきます。

一方、腹筋は小さい筋肉なので、いくら腹筋運動を頑張っても、スクワットに比べるとカロリー消費量は少なくなります。

✽スクワットをするときのポイントは、筋肉に力を入れ続けること。
ひざを曲げすぎず、完全に伸ばさないことが、筋肉に力を入れ続けるコツです。

また、関節を伸ばしきらないことで、関節への負荷が少なくなるため、ひざなどを痛めてしまう危険も減るでしょう。

1日1分間のスクワットから始め、慣れてきたら回数を増やしてください。
脂肪を燃やして、筋肉を増やし、ぺたんこおなかを目指しましょう。

KIREI FILE ✽04

「脂肪燃焼スクワット」の方法

足を腰幅くらいに開き、手は耳の横に。
やや腰を落として立ちます。

ひざが床と水平になるまで、5秒間でゆっくりとお尻を下げていきます。
猫背にならないよう背筋を伸ばし、ひざがつま先よりも前に出ないように注意しましょう。

5 秒間で元に戻します。
完全にひざを伸ばし切らず、筋肉に力を入れ続けるのがポイント。
これを1分間(6回)繰り返しましょう。

こちらの本で詳しくご紹介

ミスコン優勝者たちも実践する35の新ルール
『 筋美人ダイエット』
<村上晃平著/幻冬舎>

健康・美容ライター 垣内 栄かきうちさかえ

大阪府出身。大学卒業後、IT企業を経て出版社の編集者に。現在はフリー編集者・ライターとして、女性誌や書籍、ウェブサイトで健康・美容のテーマを中心に取材し、企画も手がける。 美容家や医師など多くの専門家に取材した中でも、手軽にできて効果抜群の美容法をご紹介。

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア