三浦光仁 『旅の途中』09 「10月はたそがれの国」

連載エッセイ 旅の途中 09

『10月はたそがれの国』

創元推理文庫は、その当時の私たちにとって、
ある意味、知的、冒険的、反逆的、ヴァガボンド的(放浪的)な
重要なステータスだったように思えます。

14歳くらいの少年にとって、それは未知の国への扉であり、
時を飛び越え、魔法の王国へ鍵であり、
その扉を、鍵をいくつ探し当てたか、持っているのか、知っているのか、
そんな自尊心を満足させてくれるバロメーターでもありました。

推理文庫というからには推理小説がメインではあるのですが、
したがって、もちろんアガサ・クリスティもあるし、コナン・ドイルもある。
でも真のポイントはSF分野をどのくらい極めているか、にかかっていました。

その中でもレイ・ブラッドベリは大人っぽい感じを漂わせていて、人気の作家でした。

「火星年代記」や、 「何かが道をやってくる」(ああ、タイトルだけでもいまだにしびれます)
そして「刺青の男」 「華氏451」
(これは書物が自然発火する温度―摂氏220度―F・トリュフォーが映画にしています)
「二人がここにいる不思議」という本の中には
『生まれる前というのがまずひとつの状態で、生きているというのが二番目、
それを通りぬけたあとが三番目だ」という台詞があります。

彼の言葉で私がとても気に入っているのは、
どの本だったかも記憶は定かではないのですが、
『高い崖から飛び降りているうちに羽を使って飛ぶことを考え出す生き方』という
なんとも人生を言い当てている、もしくは人生を瞬間としてしか捉えていない、
でも、とても楽観的に、前向きに、諦めない態度で、
それでいてユーモアを漂わせながら、みたいなちょっとふざけた台詞が好きです。

その彼の作品の中でも「10月はたそがれの国」は私の大のお気に入りで、
何度も読み返したものです。
青く澄み切った青空の向こうに巨大な闇が広がる魔法の国があると思うと、
それだけでわくわくしてきます。


Miura Music Collection 10月のおすすめ

NIYAZ ナイン・ヘブンズ
プロ・アクティブの視聴ルームでもお聴きいただけます。
  NIYAZ
『ナイン・ヘブンズ』

私たち日本人にとって、魔法の国のイメージといえば、エキゾチックな雰囲気を漂わせたイスラムのドームとミナレット(尖塔)のシルエットが思い浮かびますが、それを音で表すとこうなります、というのがNIYAZのナイン・ヘブンズです。

(ただし、このCDは好みが分かれますので、
十分お気をつけて)


三浦光仁 みうら てるひと

20年勤めた百貨店のバイヤーからNGO活動レインフォレストジャパンへ転身。
2000年にエムズシステムを設立。2003年に波動スピーカーMS1001を発表。
以来、世界"最驚"の音響メーカーを目指す。
 


新商品
ポイント5%還元送料無料の規定について

お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

プロ・アクティブからのお知らせ
初めての方へ
ラディアンスとは
レビュー募集
メルマガ登録
イベントのご案内

イベント一覧
送料無料まであとちょっと
  • 月のしずく
  • 竹布ストール
  • 波動スピーカー
  • 糀ドリンク 結
  • 人参ジュース
  • ピュアシナジー
  • 玄米元氣
  • ウドズオイル
  • DOG STANCE 鹿肉 ドッグフード
売れ筋ランキング メディア掲載
メディア掲載のご紹介
  • 「SPUR(シュプール)」(2009年3月号)[集英社]
  • 「クロワッサン743」(2008/10/10発売)[マガジンハウス]

カート内、会員画面など全てのお客様情報は、 グローバルサインのSSL暗号化通信によって保護されます。

商品ラインナップ
商品一覧
プロ・アクティブオリジナル商品 プロ・アクティブオリジナル商品

▼▼クリックで開閉▼▼

健康食品

月のしずく

竹布

食品 / ドリンク

波動スピーカー

美容 / コスメ

ヘアケア / ボディケア

ペットフード ペット用品

雑貨 / その他
雑貨 / その他