【お米の話】第11話 お米の「油」の話。

長田竜太のお米の話 第11話

お米の「油」の話。

米油は水田から採れる純国産の植物油。

お米から油が採れることはご存じでしょうか? 
正確には玄米を精米した時に廃棄される米糠から油が採れるのです。

これまでお話ししてきたように、米糠には沢山の栄養分が含まれており、その中に油があるのです。
お米から採れる「米油」はとても私たちの健康によい油
です。

まずは油の代表的な栄養成分として「ビタミンE」があります。

ビタミンEは細胞の健康維持を助ける栄養素で、日本人の摂るビタミンEの30%は植物油から摂取しています。
実はビタミンEにはトコフェロールとトコトリエノールの2種類がありますが、トコトリエノールはトコフェロールの約50倍の抗酸化力で「スーパービタミンE」と呼ばれており、米油に豊富に含まれています。

また悪玉コレステロールを減らす「オレイン酸」が42%もあり、血中コレステロールを下げる「リノール酸」も37%あります。

さらに「ガンマオリザノール」という他の植物油には無い米油特有の成分では、更年期障害や自律神経失調症などに効果があるとして、すでに薬品として使用されています。さらにさらに米油はなんとコレステロールゼロの植物油なのです。

米油の優れている点は栄養面だけではありません。

酸化安定性に優れているため国内メーカーのポテトチップの大半がこの米油で揚げられています。
また、高級な天ぷら屋さんなどでは米油を使っています。これは「アクロレイン」という胸焼け油酔い成分が低いため、天ぷらのコースを最後まで美味しく頂けるためです。


ただこんなにも素晴らしい米油が、あまりスーパーの店頭では見かけないのはなぜでしょうか。

それは1967年に起こったカネミ油症事件が起因しています。この事件は米油の製造過程でダイオキシンが混入し、健康被害が1万4千人に上った大規模な食品公害事件です。

この事件は米油そのものに害は無かったにも関わらず、被害の大きさから米油のイメージが墜落し、店頭から姿を消したのです。

しかし時が半世紀近く経過し、本来の米油の価値が見直され始めました。
一部の学校給食では、純国産の遺伝子組み換えでない植物油として使用されております。

米油は毎年日本の水田から採れる油。
まさに油田でもある水田は私たち日本人の宝なのです。

枠を超え、お米の可能性を探求し続ける『日本一の米作り職人』。

長田 竜太
おさだ りゅうた

おさだ農場 農場主
(有)ライスクリエイト 代表取締役
日本キヌカ(株) 代表取締役

『元氣米』の生産者、長田竜太さんは、1964年、石川県小松市に農家5代目次男として生まれ、家業のお米づくりを引き継ぎました。
が、長田さんの活動は農業にとどまらず、お米の機能性を生かした『玄米ギャバ濃縮粉末』や、米糠を主原料とした住宅用自然塗料「キヌカ」を開発。数多くの賞を受賞するほど幅広く活躍されています。
そして地域ではPTA会長も歴任。そのPTAもまた「文部科学大臣賞」を受賞されるなど、お米づくりから広がる長田さんの活躍は教育の現場にまで及んでいます。
さらに現在は、経済産業省中部経済産業局農商工連携事業評価委員、農林水産省農林水産技術会議専門委員、日本農業経営大学校特別講師を務め、各方面での講演活動も積極的にこなされています。

元氣米の成長ブログ「おさだ農場 元氣米通信」//ameblo.jp/osada-farm

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア