【お米の話】最終話 教科書を紐解く。

長田竜太のお米の話 第12話(最終話)

教科書を紐解く。

米作りは日本人が幸せに暮らすための教科書

いよいよ最終話となりました。
これまで一年間お付き合いを頂き、心より感謝申し上げます。

人が生きていくという条件にはいろいろなことが必要です。
水や空気、そして食物です。

世界に目を向けると、飲める水が無いところは沢山あります。
また急速な経済発展により空気が汚染された国もあります。
まして食物が豊富にある国は世界でもほんの一握りです。

私たちが住んでいる日本にはこれらが豊富にあります。
農業という産業は他の産業とは大きく異なる点があります。

それは、食物を作り出すと同時に環境も整えているという点です。

水田によって水は浄化されます。また植物によって空気も浄化されます。
そして食物を作り出しているということです。
さらにこれらが全て結びつき、循環しているということです。

お米は単なる食物の一つではありません。
お米を食べるということは、私たちの生きていく条件を整えているということなのです。

また、お米は私たち人間にいろいろなことを教えてくれています。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」

稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだという教えです。

さらにこの続きとして、身の丈以上に頭を下げすぎると倒れてしまうということを、私は米作りを通じて学びました。
身の丈以上に実をつけすぎないこと、根が浅いのに地上の見えている部分だけが成長すると少し頭を下げただけですぐに倒れてしまうこと。
また育つ土壌に力がないと、そこで育つ稲に力が出ないということ。

米作りは日本人が幸せに暮らすための教科書だったのではないでしょうか。
それがいつの間にか単なる食物の一つになってしまい、日本人はその教科書を紐解くことさえしなくなりつつあります。

今もう一度、米作りという2300年継承してきた教科書を紐解いてはいかがでしょうか。

最後に、「お米の話」のタイトルにはお米の「お」の字に点がないことはお気づきでしたでしょうか。
皆さんでこのコラムに点をつけてお米を完成させていただきたいと思う次第でございます。

枠を超え、お米の可能性を探求し続ける『日本一の米作り職人』。

長田 竜太
おさだ りゅうた

おさだ農場 農場主
(有)ライスクリエイト 代表取締役
日本キヌカ(株) 代表取締役

『元氣米』の生産者、長田竜太さんは、1964年、石川県小松市に農家5代目次男として生まれ、家業のお米づくりを引き継ぎました。
が、長田さんの活動は農業にとどまらず、お米の機能性を生かした『玄米ギャバ濃縮粉末』や、米糠を主原料とした住宅用自然塗料「キヌカ」を開発。数多くの賞を受賞するほど幅広く活躍されています。
そして地域ではPTA会長も歴任。そのPTAもまた「文部科学大臣賞」を受賞されるなど、お米づくりから広がる長田さんの活躍は教育の現場にまで及んでいます。
さらに現在は、経済産業省中部経済産業局農商工連携事業評価委員、農林水産省農林水産技術会議専門委員、日本農業経営大学校特別講師を務め、各方面での講演活動も積極的にこなされています。

元氣米の成長ブログ「おさだ農場 元氣米通信」//ameblo.jp/osada-farm

 

ページトップへ