【うちんTOMODACHI❤】 第二話 ~戦国武将・島津義弘に学ぶ~





今回は、私の大好きな戦国武将・島津義弘をご紹介したいと思います。

朝鮮の陣において数万(一説には20万)の明軍に対して、わずか7千の軍勢で勝利したという伝説を持ち、明軍から「鬼石曼子(グイシーマンズ)(「鬼(おに)島津(しまづ)」という意味)」と怖れられた義弘。その後、関ヶ原の戦いでは西軍に味方し敗者となりましたが、敵中を中央突破して退却するという前代未聞の賭けに打って出て、見事に作戦を成功させるなど、戦国屈指の勇将としてその名を轟(とどろ)かせました。



ところが、彼には意外な一面がありました。
驚くほど筆まめで、妻との間で交わされたラブレターが、今も残っているのです。
朝鮮出陣の折には、国許(くにもと)の鹿児島を発ち、人質として伏見に上ることになった妻に、こんな優しさ溢れる手紙を届けています。
「私の渡海の事なんかより、旅慣れないあなたに何か起こらないか、その事の方が心配です。朝も夜も、あなたの事を思っています。」

ここには、敵を震え上がらせ数々の伝説に彩られた猛将の姿はなく、ただひたすら愛する人を思う、一人の男の姿があるだけです。そのギャップが、何とも言えず「かわいい」と感じるのは、私だけでしょうか。



私は友人と一緒に福岡で結婚相談室をしていますが、とても魅力的なのに、縁遠い人っているんですね。つまり魅力があるだけではモテないのです。
モテる人の共通点は、ギャップがあるということ。ギャップ・・・それは、「魅力×スキ(隙)」で表せるのではないでしょうか。

肩の力をフーッと抜いて自分の欠点を受け容れ、自分を素直に表現すると、そこに「かわいげ」や「スキ」が生まれます。頑張ってるあなたはカッコいいけど、頑張れないあなたもかわいい(*^_^*) 。 さぁ、よけいなプライドは捨てて、素の自分に正直になりましょう。 「素に敵わない」から「素敵」。 今日も笑顔で素敵な一日をお過ごしくださいね♪




「博多の歴女」白駒妃登美

埼玉県生まれ、福岡県在住。
大学卒業後、大手航空会社の国際線乗務員として7年間勤務。
その後結婚、出産を経て、福岡県を拠点に結婚コンサルトの活動をしながら、「博多の歴女」として歴史講座を積極的に展開。
2012年、日本の歴史や文化の素晴らしさを国内外に広く発信する「株式会社ことほぎ」を設立。
全国各地で公演活動に取り組んでいる。著書に『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』(共著、祥伝社)、3月末には新刊『感動する!日本人は逆行をどう生きたか』(中経出版)を発売。
 

ページトップへ