【うちんTOMODACHI❤】 第六話 ~戦国武将・木村重成に学ぶ〜

「ひとみさんが一番好きな歴史上の人物は誰ですか?」これほど答えに困る質問はありません。空海、島津斉彬、福澤諭吉...みんな魅力的で、ランキングなんて簡単につけられるものではありません。

ただ、「一番好きな戦国武将は?」と訊かれたら、私は迷わず"木村重成"を挙げるでしょう。

木村重成とは、大坂の陣で活躍した豊臣家の武将です。母親が豊臣秀頼の乳母(めのと)だったので、同年代の重成と秀頼は、本当の兄弟のようにして育ちました。

やがて豊臣家の重臣となった重成を、戦友の一人は、次のように述懐しています。

「丈(たけ)高く、色あくまで白く、眉(まゆ)黒々と際(きわ)だち、細い眼の眦(まなじり)が凛と上がった美丈夫(びじょうふ)(今でいう「イケメン」のことですね)で、たぐい稀(まれ)なる気品を備えていた。」

重成は、美しい外見と優しい洗練された物腰で、大坂城の女官たちの人気を一身に集めました。

彼の姿を見かけただけで、女官たちが騒いだと言われています。

実は私、重成のことを秘かに「戦国ジャニーズ」と呼んでいるのです(笑)。

これは、まだ大坂の陣が起こる前のこと。主君・秀頼の信頼が群を抜いて厚く、女性にモテモテ...そんな重成をやっかむ者が現れても、不思議ではありません。

どれだけ主君の信頼が厚くても、また女性に大人気でも、それは実績に裏打ちされてのものではないのです。

豊臣家臣団の中には、そんな彼の実戦経験の無さを揶揄する人が、少なくなかったそうです。けれども、どれほどの侮蔑を受けても、重成は平然と受け流すばかり。その態度は、まるで春風が吹くように爽やかだったといいます。

私はいつもどうでもいいことが気になって、時間や運を無駄遣いしている気がするので、重成のこのスルーする力には、敬服します。

では、彼がなぜこんなふうにスルーできたのか、次回はその秘密に迫っていきますね。

「博多の歴女」白駒妃登美

埼玉県生まれ、福岡県在住。
大学卒業後、大手航空会社の国際線乗務員として7年間勤務。
その後結婚、出産を経て、福岡県を拠点に結婚コンサルトの活動をしながら、「博多の歴女」として歴史講座を積極的に展開。
2012年、日本の歴史や文化の素晴らしさを国内外に広く発信する「株式会社ことほぎ」を設立。
全国各地で公演活動に取り組んでいる。著書に『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』(共著、祥伝社)、3月末には新刊『感動する!日本人は逆行をどう生きたか』(中経出版)を発売。
ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア