【美えな塾】Vol.1 キレイな座り方

若々しいカラダをつくる美えな塾(BI-ena Lesson)

yayoi katayama

はじめまして、こんにちは。
NPO法人「美えな塾」代表の片山弥生です。
いつもは骨盤を整えることで「えな(子宮)」を整えていくという活動をしています。
みなさんは同世代でも「若い!」と言われる人と「老けている...」と思われてしまう人の違いは何だと思いますか?
立ち方、座り方などの市制、ちょっとした所作、食事や睡眠や呼吸など、何げない日常の積み重ねではないでしょうか。
いつまでも若々しいカラダをつくるために、今日から意識して気をつけてみる、そのヒントをお伝えいたします。

Vol.1キレイな座り方 〜ゆがみのない座り方〜

骨盤をまっすぐ、座骨がきちんと下になるように座るのがコツ

テレビを見る時、くつろいでいる時、いつもどんな座り方をされていますか?
今月は"骨盤"と"背骨"を守る、ゆがみのない座り方「床の座り方」をご紹介します。
座る時に背中が丸くなってしまうと、老けて見られるだけでなく、肩コリ、首コリにもつながってしまいます。

「正座」が最も骨盤と背骨がゆがまない座り方です。
つま先は重ねず、かかととかかとの上にお尻が乗るように座るのが理想です。

★足がしびれてしまう場合は、バスタオルを太く巻いてお尻の下に入れて座ると楽になります。

昔、体育館でよくやりましたね。
お尻の下に手の平を当てると、グリグリとした骨があります。
この坐骨が下になるように座ります。

★きちんとした体育座りができますか?
今の子供たちはイスの生活に慣れ、いつも背もたれによりかかっているので、ヒザ下に手を入れないと引っくり返ってしまう子供も多いのです。

坐骨と背骨に負担なく座れるのが、実はこの「立てヒザ座り」。
時々足を組みかえれば、ゆがむ心配はありません。

この座り方はNG!

女性は「女の子座り」が得意だという方も多いかもしれません。
でも、これは骨盤の下の方が開いてしまうため、お尻が大きくなってしまいます。

「横座り」は骨盤が歪んでしまう座り方です。
女性は骨盤の中に子宮があり、子宮までゆがんで血行不良になりかねません。
避けるのがベストですが、スカートの時など、横座りをするしかない時は、時々、左右を逆にしましょう。

  片山 弥生 (かたやまやよい)

NPO法人「美えな塾」代表。
近年の女性の骨盤の変化について危機感を覚え、骨盤の重要性についての啓蒙をもっと広げたい!とNPO「美えな塾」を設立し、様々な分野のエキスパートとともに骨盤や子宮の重要性を伝える。
埼玉県和光市「わこう助産院」にて定期講座も開催中。高校生2人の母でもある。
■美えな塾 //vienna-juku.com/

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア