【美えな塾】Vol.9 肩甲骨のストレッチで、首痛、肩こり予防

若々しいカラダをつくる美えな塾(BI-ena Lesson)

yayoi katayama

こんにちは。
NPO法人「美えな塾」代表の片山弥生です。
いつもは骨盤を整えることで「えな(子宮)」を整えていくという活動をしています。
みなさんは同世代でも「若い!」と言われる人と「老けている...」と思われてしまう人の違いは何だと思いますか?
立ち方、座り方などの市制、ちょっとした所作、食事や睡眠や呼吸など、何げない日常の積み重ねではないでしょうか。
いつまでも若々しいカラダをつくるために、今日から意識して気をつけてみる、そのヒントをお伝えいたします。

Vol.9 肩甲骨のストレッチで、首痛、肩こり予防

「最近、首痛や肩こりがつらい...」そんなことはありませんか?
その原因の多くに見られるのは、常に"首が前に出ている"ということです。
スマホをいじりながら、パソコンを打ちながら、車を運転しながら、いつの間にかどんどん首が前にきて、背中が丸くなっていないでしょうか。
体重の1割もの重さがあるといわれる「頭」を首にぶら下げているような姿勢ですから、首や肩に大きな負担がかかるのも無理がありませんね。その負担を和らげる秘訣は、"肩甲骨の動きを良くする"こと。
肩甲骨のストレッチで「首痛」「肩コリ」を予防・改善しましょう。

まずは、肩甲骨の稼働域をチェック!

小指側を脇腹につけて、肘を前に出します。どのくらい前に出すことができますか?それが肩甲骨の可動域。
肩甲骨の可動域を広げることが首から肩にかけての痛み改善・予防につながります。

Let's Try! 肩甲骨ストレッチ

① 肩甲骨を開きましょう。

まず右腕を下、左腕を上にして、腕を巻きつけ、手のひら同士をつけます。(つかない方は手の甲でもOKです)
手は顔の真ん中にして肘を挙げ、息を吐きながらそのまま後ろに少しそります。それを2回繰り返します。次に左腕を下に、右腕を上にして同様に行います。

② 開いた肩甲骨を閉じましょう。

体育座りの姿勢から、肩の真下にくるように指先をお尻側に向けて手をつきます。
足は軽く開き、「コ」の字の形になるようにお尻を持ち上げます。
次に息を吐いてお尻をかかとまでおろします。これを3回行います。

稼働域をチェック

①②を行った後、再度「肩甲骨の可動域のチェック」をしてみましょう。
最初より前に出すことができたら、それは肩甲骨の動きが良くなったした証拠。ぜひ習慣にして、毎日をスッキリ過ごしましょう!

  片山 弥生 (かたやまやよい)

NPO法人「美えな塾」代表。
近年の女性の骨盤の変化について危機感を覚え、骨盤の重要性についての啓蒙をもっと広げたい!とNPO「美えな塾」を設立し、様々な分野のエキスパートとともに骨盤や子宮の重要性を伝える。
埼玉県和光市「わこう助産院」にて定期講座も開催中。高校生2人の母でもある。
■美えな塾 //vienna-juku.com/

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア