ラディアンス倶楽部 ゆる体操 Vol.2

ラディアンス倶楽部

緊張や疲れで固まったカラダがゆるむと、コリが解消したり、血液の流れが良くなったり、ひいては新陳代謝がアップしたりといいことづくめ♪
動きがカンタンなので誰でも気楽にできるし、声を出して行うことで、自然な呼吸法になり、楽しい気持ちになってきますよ。
ぜひ皆さんも、毎日がんばっているご自身のカラダをこのゆる体操で「ゆる~」めてあげてくださいね♪

肩こり解消!
曲がった背中も、すっと伸びてくる。

肩がこったら、無意識に肩をまわす人は多いはず。でも大切なのはグルグルまわすのではなくて、「ユッタリ」まわすということ。肩の周りがほぐれるようにじんわりとまわしていきましょう。


①左右の肩を、それぞれ反対の手のひらで「気持ちよ~く、気持ちよ~く」と言いながらさすります。
何回か繰り返しましょう。肩は力を抜いて、少し下げ気味に。

②肩をゆっくりと後ろへ落とすイメージで、「ユッタリ、ユッタリ」と言いながら、
両肩を前から後ろに向かってゆっくりとまわしましょう。
手と指をよく動かせば、
脳が元気になる!
肩こりや目の疲れに効く。

ケガをした時など、患部を手のひらで「さする」と、痛みがやわらぐような気がしますよね。
やさしくさすれば、その部位の感覚が高まり、自然とゆるんできます。手がほぐれて動きがよくなると、脳の活性化にもつながります。


①両足を軽く開いて立ち、「気持ちよ~く、気持ちよ~く」と言いながら、両手をさすります。
手のひらも手の甲もまんべんなく、力を抜いてじんわりと温めるようにさすります。

②腕全体をやわらかく使って、「プラプラプラプラ」と言いながら、手首をゆらします。
自然と力が抜けて、肩のほうまでゆるんできます

※ゆる体操の指導には「ゆる体操指導員」の資格が必要です。
 ©2005 Hideo Takaoka 運動科学総合研究所





 

ページトップへ