男性や子どもも鉄分不足

男性の鉄分不足

男性の鉄分不足
生理・妊娠・授乳という機会のない男性は、女性に比べて圧倒的に鉄分を失う機会が少ないのです。
そのため、本来なら鉄分不足になることはあまりないはずなのですが・・・。

外食・インスタント食品を多く摂ることで、食生活のバランスが崩れていることが原因で、男性でも鉄分不足となっている人が増えています。

寝ても寝ても疲れがとれない、階段を上ったり重い物を持ったりすると動悸・息切れがする、顔色が悪いと言われた、思い当たることがあったら、鉄分不足を疑ってみましょう。


子どもの鉄分不足


成長期にある子どもは、鉄分を多く必要とします。
一説では、乳幼児期の鉄分不足は、知的成長に影響があるとも言われています。

子どもは成人に比べて食べられる量が少ないこと、また好き嫌いのある場合はなおいっそう、成人以上の鉄分を摂取するのは大変です。

十分な鉄分を子どもが摂るのは難しい だからといって、一般的なヘム鉄のサプリメントを摂りすぎるのは危険です。
「鉄中毒」といって、過剰な鉄の摂取により中毒症状を起こしたり、過剰な摂取を長期に続けると、臓器に鉄分が沈着することで障害を起こすこともあります。

錠剤やカプセルのサプリメントは、子どもには特に飲みづらいものです。

フローラディクスは、フルーティで美味しいジュース状、過吸収を抑えるノン・ヘム鉄を成分としているので、お子様にも安心して飲ませてあげることができます。

※1歳未満のお子様には、ハチミツが少量入っているため、おすすめできません。


 

ページトップへ