フローラディクスの安全性について


「鉄」は飲みづらい?

鉄剤 一般的な鉄の錠剤は、「飲みづらい薬」というイメージがあります。
胃や腸に刺激を与えるため、ムカムカしたり吐き気を伴ったり、便秘や下痢を起こすことがあります。

特に妊娠期に鉄欠乏性貧血となった場合は、つわりで気分が悪いのに、さらに鉄剤で胃腸にダメージを受けて大変だった・・・という話をよく聞きます。

フローラディクス安心して飲める鉄分ドリンクですが、鉄剤とはどこが違うのでしょうか?


フローラディクスの安全性

安心して毎日の習慣にフローラディクスと鉄剤では、含まれている鉄に大きな違いがあります。

フローラディクスに含まれているのは乳酸鉄という「ノン・ヘム鉄」で、一般的な鉄剤に含まれているのは「ヘム鉄」です。

ヘム鉄は、ダイレクトに身体に吸収されるため、鉄分補給としては有効なものの、多く摂取しすぎると、鉄分過剰を引き起こします。
多く摂りすぎた鉄分が、胃腸の粘膜を刺激して負担となってしまうのです。

ノン・ヘム鉄は、胃腸でいったん身体に吸収されやすい形となるステップがあり、消化管を通って吸収され、不足した分を体内に補ったあと、余った分は体外に排出されます。
そのため身体に適切な量の鉄分を補うことができるのです。

また、フローラディクスは鉄分のみを補うものではありません。
鉄の吸収を助けるビタミンCやハーブエキス、鉄分が身体の中で働きやすいようにするビタミンB群やイースト菌、ベースとなる果実のジュースにもビタミンやミネラルが豊富です。

安心して毎日美味しく飲める、それがフローラディクスの安全性です。


 

ページトップへ