SSL3.0の脆弱性に対する対応について

インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL3.0」において脆弱性が発見され、暗号化されている通信の内容が漏えいする可能性があると報じられたことを受け、弊社においてもSSL3.0の利用を停止いたします。
これにより該当ブラウザ/デバイスではSSL3.0をご利用してのWebページの表示、操作が行えません。

【対応方法】

(1)Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
(2)[インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。
(3)[セキュリティ] カテゴリーで、[SSL 3.0 を使用する] チェック ボックスをオフにし、[TLS 1.0 を使用する]のチェック ボックスをオンにし、(使用可能な場合には)[TLS 1.1の使用]、および [TLS 1.2 の使用]のチェックボックスもオンにし、[適用] をクリックします。
(4)Internet Explorer を再起動します。

 

ページトップへ