ローレンス博士について

現代のアメリカ医学に大きな功績を挙げているローレンス博士


ロナルド・M・ローレンス博士は、ニューヨーク大学で生物学と神経生理学を修め、
カリフォルニア大学で医師の資格を、東カリフォルニア大学で心理学博士号を取得しました。

現代のアメリカ医学において大きな功績をあげたローレンス博士は、
特に「痛みのメカニズム」に対する研究をライフワークとしています。

現代西洋医学に精通した上で、人体に害のない自然な成分による痛み緩和の方法を探求し、
栄養学を取り入れたアプローチでも多くの功績をあげています。

当初は臭いのきついDMSOという成分を使用していましたが、
より汎用性の高い純白の結晶であるMSMの開発に成功しました。

ローレンス博士は、先代のジョージ・ブッシュ大統領をはじめ、
著名人やハリウッドスターを患者にかかえてました。

そして、MSMは全米に普及していきました。

現在ローレンス博士は高齢のため第一線からは退きましたが、
アメリカ合衆国国立保健研究所の老化予防学の顧問、スポーツ医学団体の会長を務め、
老化防止や健康維持のため、MSMを毎日使い続けています。

 

ページトップへ