竹布情報一覧

竹は究極のエコ素材

竹は究極のエコ素材

私が竹繊維と出会ったのは、2000年の春。上海の友人に、竹から出来たという原綿を見せられた時です。当時の私は、絹のような光沢を持つ竹繊維に秘められた価値と役割を理解できずにいました。

帰国後、竹繊維の役割を色々模索する中、食品分析センターに抗菌テストをお願いしました。結果は、検査官が驚いて電話をかけてくるほどでした。なんと実験した4万個の菌が、すべて死滅したというのです!天然繊維に菌を死滅させる力があるなど、誰も考えなかったことです。

この結果から、私は竹繊維は医療・衛生の分野で活かされるべきだと確信しました。

現在、医療現場で主に使われているガーゼは綿です。しかし、綿の栽培には全世界の農薬使用量の40%を占めているというのです。とてもショッキングでした。まだ綿ほどコストが安くありませんが、近い将来、綿に代わって医療現場に普及させていきたいのです。

竹はとても生命力にあふれた植物で、毎年発芽し、2~3年で成木になります。農薬を散布することなく、種を植える必要もありません。しっかり管理し、成木だけを使用すれば資源が減ることもないのです。それでいて、天然の抗菌力がある。竹は、まさに大地が与えてくれた贈り物です。

株式会社ナファ生活研究所社長相田雅彦さん
株式会社 ナファ生活研究所 社長 相田 雅彦さん

竹布のはなし

■竹は究極のエコ素材

竹布の原料である竹は、発芽してから3年で成木になります。
成長期には一晩で1メートル以上も成長する、非常に生命力にあふれた植物です。
毎年種を植える必要がなく、農薬を散布する必要もありません。
上手に管理し、成木のみを伐採していくことで、資源を減らすことなく活用できる究極のエコロジー素材です。

竹繊維

■抗菌力に優れた竹

昔から竹や笹は、その優れた抗菌力が重用され、おにぎりを包むなど、食べ物の保存に使用されてきました。
竹布の原料である天然抗菌竹繊維TENBROは、独自の製法によりこの優れた竹の天然の抗菌力をそのまま生かした繊維として誕生。
財団法人日本食品分析センターの抗菌テストデータでは、MRSA(院内感染菌)の増殖を抑制することが実証されました。

■衛生的な竹繊維

天然抗菌竹繊維TENBROは独自の繊維構造により、優れた吸水性と放湿性をもっています。
この特性は、タオルや衣料品などの素材としては最適です。高い抗菌力に加え水分を含んでも乾きやすいため、湿度の高い環境に放置しても臭わずカビることなく、いつでも清涼感を持続します。
天然抗菌竹繊維TENBROは、まさに21世紀の新繊維として大きな可能性を秘めています。

■全生産工程をチェック

安心してご使用いただけるように、原料の竹から最終製品まで徹底した管理をしています。
もちろん生地の加工段階でもアレルゲンとなる薬品は一切使用していません。
また、竹の栽培には、農薬および人工肥料を一切使用せず、3年の成木のみを原料とする計画生産を行っています。

竹布(TAKEFU)商品を見る

 

ページトップへ