竹布ができるまで

竹布ができるまで

竹が製品になるまで

竹が皆さんの使う竹製品になるまでの過程を見てみましょう!

竹布のできるまで

パルプ化の工程では、繊維の素となるセルロースを抽出するためのアルカリ剤を使用していますが、徹底したリサイクル技術を確立しています。

さらに、竹パルプのセルロース部分を繊維化する紡糸の工程では、特殊な溶剤を使用していますが、やはり環境への配慮を十分に行っています。

このようにして作られた繊維は再生セルロース繊維と呼ばれます。分類はレーヨンという表示になり、石油から作る合成繊維と混同しがちですが、原料は竹のみ。土に埋めると分解し大地に還ります。

TAKEFUは、旬として芽吹いた時から、その役割を終えるまで、まさにエコロジー。自然から人間がいただいた理想的な繊維といえます。

竹布の素材「慈竹」とは

「慈竹」は、孟宗竹のように地下茎を張る種類ではなく、株立の竹で、高さは6~12m、直径は3~6cm、節の間の長さは30~50cm。別名「孝竹」、「子母竹」と呼ばれます。 漢方薬の解毒剤として古くから重用されてきました。

竹布素材、慈竹とは

TAKEFU(竹布)は竹原料100%の繊維と繊維製品の登録商標です

2008年、TAKEFUは原料に竹を100%使用したレーヨンとして、商標登録されました。
その時から、素材表記が以下のように変わりました。

◆従来 → 素材:レーヨン(○○%)原料に竹を使用
◆現在 → 素材:レーヨン(TAKEFU)○○%

商標登録は幅広い繊維製品に対してなされており、現在「TAKEFU」という表記は、株式会社ナファ生活研究所が製造・販売する製品、およびコラボレーション製品だけが使用可能となっています。

TAKEFUは、竹原料100%を使用した再生セルロース繊維(レーヨン)で、株式会社ナファ生活研究所が所有する登録商標です。

竹布(TAKEFU)商品を見る

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

このたびの北海道で発生した地震によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆北海道で発生した地震による配送への影響について>>

このたびの台風21号によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆天候による配送への影響について>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア