File.7 美しいもの

フォトグラファー橋本和典のFOCUS eye

file.7 美しいもの

file.7 美しいもの

バングラデシュ、首都ダッカ。大通りのバス停の近くで、
たくさんの男性、たくさんの女性が別々に固まって、
何やら待機している様子。

男性チームの群れに、僕好みの「いい顔」が目立ったので、
そっちにレンズを向けてみた。

すぐにフォーカスを合わせたくなったのは、
ほっかむりオジサン。
ダッカでは有り触れてるのかもしれないけど、
僕にはとても可愛らしくて存在感抜群。

あ、おじさん、カメラ向けられているのに気が付いた。
僕からの距離は10メートル弱といったところだろうか。
「ごめんよ、ちょっとこっそり撮っちまったよ。おじさん、いい感じよ」の気持ちをこめて、
口元に笑みを浮かべ、左手を挙げて軽い挨拶をした。

すると、おじさん、僕に微笑みながら、
やはり手を挙げてきた。

異文化・異言語間コミュニケーションでは
言葉や仕草のオウム返しがかなり有効。

これが功を奏し、
「おじさん、気分を損ねちゃわないかな(僕)」と
「あいつ、何をやってるんだ(おじさん)」
の緊張が、見事に緩んだ瞬間だった。

あ、みれば、後ろのニイチャンも
にっこり手を挙げているではないか!

フォトグラファー 橋本和典 はしもとかずのり

1963年生まれ、人物、風景などに関わらず美しいものにシャッターを切る。ありのままに光をあてる家族撮影を
国内外で展開。プロ・アクティブの撮影にもご協力いただいています。
//www.kazufoto.com/

 

ページトップへ