Taccoの発酵生活 Vol.05 乳酸菌たっぷりの水キムチ

発酵ナチュラリストTaccoの今日からはじめる発酵生活

Vol.05
乳酸菌たっぷりの水キムチ

夏の暑い季節におすすめの「水キムチ」を手作りしてみませんか?

キムチと言えば唐辛子のキムチが浮かびますが、キムチは「漬物」全般のことをいいます。水キムチは塩水の中に旬の野菜、フルーツなどを入れて乳酸発酵させたお漬物です。

お漬物として食べるのはもちろんですが、漬け液にも植物性の乳酸菌がたくさん含まれており、その数は唐辛子キムチの2~3倍の多さとも言われています。
韓国では漬け液を冷麺のスープとしても使われていて、さっぱりとしてとても美味しいです。

乳酸菌の酸味が夏の暑さでバテている胃腸を助け、整腸効果も期待される水キムチ。野菜と漬け液、どちらもぜひ召し上がってください。
麺を春雨や素麺にしても気軽に楽しめて美味しいです。

お米のとぎ汁がすぐにない場合は、米粉やもち粉でも大丈夫です。
1リットルのお水に米粉大さじ3ほどを入れて煮溶かしてください。
最初の発酵は常温ですが、途中で冷蔵庫の低温発酵にします。

冷蔵庫の中でゆっくりと酸味が増していくので、日々発酵していく酸味を楽しんでみてくださいね。

発酵食で腸元気!漬け液もぜひ召し上がってください"水キムチ"

■材料

【A】

●米のとぎ汁 500㎖

●塩(漬け液用) 小さじ1

●砂糖 小さじ1

●酢 小さじ1

●お好みで
リンゴスライス 1/4個
生姜スライス 3枚
クコの実、シナモンなど

【B】

●きゅうり、大根、白菜、人参などの旬の野菜 200g

●塩(野菜用) 小さじ1

■作り方

①漬け液を作ります。
鍋にAの米のとぎ汁と塩、砂糖を入れて、沸騰直前まで温めます。

②①の粗熱が取れたら、酢、お好みでリンゴのスライス、生姜のスライスを入れます。

③漬け液を冷ましている間に、Bのカットした野菜と塩を合わせておきます。

④野菜から出た水を絞り、粗熱のとれた漬け液につけます。

⑤容器またはジップロックに入れ、常温に置いて発酵させます。
その後、冷蔵庫に入れて追熟発酵をします。
常温に置く時間は、夏は2時間、冬は2~3日ほど。
冷蔵庫に入れて3~4日目頃から乳酸発酵の酸味が出てきます。

発酵生活研究家/ナチュラルシフト 共同代表
栗生隆子 くりゅう たかこ(Tacco)

シンプルな暮らし、家庭でできる発酵生活を実践したところ、長年の腸の疾患を自然治癒力で完治。その経験から目に見えない菌が健康にも環境にも大切な役割をしていると知り、菌の世界から発酵への理解を深める。
「発酵・循環・調和」をテーマにした執筆活動や講演を行う。
『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!』(マキノ出版)、『体も家もピカピカになるお米の発酵水』(扶桑社)、6月21日には新刊『からだにおいしい発酵生活』(宝島社)など著書、監修本多数。

●ナチュラルシフト //naturalshift.com

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア