【色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ】実りの色は生命を表す意味

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (2)赤やオレンジ、赤紫。実りの色は生命を表す意味。何を食べるかにも意識を向けて。

季節が変わり始めています。
秋の気配漂う今日この頃となりました。
秋と言うと「食欲の秋」ですね。

私の息子が小学生の頃、いつもより沢山食べるので、「食欲の秋やね」と言うと、「秋は、動物たちは冬眠の間も生きるために食べるんやで。何も食べたいからじゃなくて、いっぱいエネルギー蓄えるためやで」と言っていました。

なるほど、「動物は秋だから美味しいものをいっぱい食べるのではなく、生きるためだ」ということを考えるきっかけになりました。

これは色の意味からも納得できるのです。秋の色は、暖色系をイメージします。赤やオレンジ、赤紫などです。

果実が熟すと「あかくなる」と言いますね。
赤の基本的連想である血の色は、生きていることの証です。
だから、生命を表す意味になるのです。

赤から誰もがイメージするキーワードに「エネルギー」「パワー」「強さ」などがありますが、これは、生命力と繋がります。
そこから「行動」「積極的」という動きのある意味に繋がっていきます。

人にとっても食は、その根底にある動物たちと同じように生きるためであることの大切さですね。
だから、何を食べるかにも意識を向けたいと思います。

また秋は、これから寒くなるので、暖を取る色としても赤やオレンジを選びたくなる季節です。

それは炎の色からの連想ですが、これも食との関連で、火で調理すると食べ物が美味しそうに感じます。
材料を油で揚げたり、焼くことで、こんがりキツネ色と言いますが、そこには、火の色である赤やオレンジが入るからなのです。

今年の秋は、自然からの恵である実りを、冬を乗り越えられるような健康な身体を作るためにいただくという気持ちをほんの少し意識してみませんか?

きっといつもより「食欲の秋」の意味の深さを感じることができると思います。

そして、寒い冬も元気いっぱいで、活動できるでしょう。

今日のカラーチェック

食べたいものの色でわかる体調

赤いものが食べたい時
(赤身のお肉やキムチなど)


エネルギーの補充が必要です。
赤を受け入れられるので、まだパワーが残っています。
グリーンの野菜が食べたい時

赤の補色なので、ゆっくりと身体を休めてください。
一度、心身のバランスをとると次の活動ができます。

色の専門家 草木 裕子 くさきゆうこ

色の専門家 草木 裕子 くさきゆうこアトリエfor me代表。京都市生まれ京都市在住。
京都外国語大学英米語学科卒業。阪急百貨店勤務後、インテリアデザイナーとしての経験を経て1999年にオーラライトカラーセラピーに出会い、シニアティーチャーとしてカラーの世界で活動。現在は、三原色理論「RYBカラーリーディング®」を創始。全国でカラー関連の講座、講演会、研修などに従事する。また、オリジナルの万華鏡カラーセラピー、その他のカラーシステムでのカウンセリングで個人セッションを行う。

■アトリエfor me  //www.forme-colour.jp/

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア