【時間って何だろう?】Time is money.からTime is art.へ

こよみ屋の時間って何だろう?その5

Time is money.からTime is art.へ

暦(こよみ)の語源は「日読み(かよみ)」と言われています。
カレンダーの役目である「日を知ること」そのままの意味ですね。

一方、英語のカレンダーは、「叫ぶ、宣言する」という意味のラテン語のcalendaeに由来します。古代ローマでは司祭が「新月が見えた!」と叫び、人々に一か月の始まりを宣言していました。

その他に、カレンダーの語源にはcalendarium「帳簿」という意味があります。

古代ローマでは、利益の計算、利息の支払いが朔日ごとに行われていたため、「朔日」「帳簿」の両方の意味から「カレンダー」になったとも考えられます。

現在も毎月の給料や税金等の支払いはカレンダーによって管理されているように、お金とカレンダーは深く関わっていることが分かります。

「タイム・イズ・マネー 時は金なり」という言葉は、もともと「お金と同じくらい時間を大切にしなさい」という意味で使われていました。

ところが21世紀の現在では、お金や物質の豊かさを世界中みんなで追い求め、何もかもお金で換算する世の中になってしまったのではないか...と思えてしまいます。

「13の月の暦」の提唱者ホゼ博士は、「タイム・イズ・アート 時は芸術なり」と言い換え、自然と調和したカレンダーを使うことの意義を世界中に説いてまわりました。

西暦のカレンダーには自然のリズムが反映されていないため、人間中心の考えで物事が進み、効率を重視するあまり、タイム・イズ・マネーという忙しい時間に私たちを向かわせるようです。

2016年のお正月、新しい時を迎えたこのタイミングで、今一度、暦や時間について考えてみてはいかがでしょう。

日本の暦は文字通り「今日という日を読んでいた」と考えると、私たちは「自分の毎日の時間を、自分で読み解いていく」そんなこともできるのではないでしょうか。

今年一年、暦に意識を向けて、ぜひ自分の時間をアートにしてください。

明けましておめでとうございます。
「13の月の暦」で2016年元旦は「KIN13 赤い宇宙の空歩く者」。今年は「現状を持ちこたえ、目覚めて越えていく時」。
ぜひ、素晴らしい一年を!

こよみ屋店主
倉元 孝三 (くらもと こうぞう)

20年前に「13の月の暦」と出会い、カレンダーの制作を開始。現在「13の月の暦」のワークショップ「銀河小学校」を全国で展開中。旧暦、月のしずく、食べる竹炭、ふんどし等、お客様の時間がより豊かになり、毎日をイキイキと健康で心地よく生活できるグッズを紹介する「こよみ屋」の店主。

こよみ屋 //www.koyomiya.com

新刊倉元孝三 著「新しい時間 13の月の暦から始めよう!」

自然と調和して生きたい、健康になりたい、シンクロニシティーを体験したい、自分を見つけたい...こんな方に「13の月の暦」は最適なツールだと言えます。この連載では「13の月の暦」の魅力や意義を一年かけてお伝えしますが、興味が湧いてきた、もっと早く知りたいという方は、8月16日に発売された著書『新しい時間 13の月の暦から始めよう!』がオススメです。
美しい自然の写真、かわいいイラスト満載で、わかりやすく、楽しく「13の月の暦」を学べる入門書です。

 

ページトップへ