【漢方的生活】Vol.3 卯月

四季と寄り添う〜利奈の漢方的生活

[連載Vol.3 卯月(UZUKI)]冬に溜まった「毒」を肝臓が代謝して、毒出しをはじめます。

万物がすがすがしく明るく美しさを競う季節ですね。
お花見に出かけない私は、もっぱら仕事帰りの道すがら、庭先の桜の木で目を楽しませていただいています。
桜はその昔、「田の神の化身」としてあがめられ、秋の豊穣を祈ったのが花見の習慣の始まりだそうです。
夜道に浮かぶ桜は精霊のようにも見えます。

さて、いよいよ暖かくなってまいりますと、新陳代謝の悪い冬に溜まった「毒」を肝臓が代謝して、毒出しをはじめます。
前々号で軽く触れましたが、春は「肝臓の症状」があらわれる季節です。
毒は肝臓で代謝され、大小便で体外に排泄しますが、出しきれない毒は皮膚や粘膜から排泄しようとします。
この時期に急な肌荒れ、ニキビなどの皮膚病や目の炎症が増えるのはこのためなのです。

また、筋肉・目・爪なども肝の症状の現れやすい場所です。
足のこむらがえりや視力低下、爪が割れたり薄くなるなど、肝のエネルギーが低下したときに起こります。

このような身体からのサインを見逃さず、早めのケアが大切です。肝のケアには2つポイントがあります。一つは、胆汁排泄による毒だし。
ウコンや菊の花の苦味にはこの胆汁を排泄させる成分が含まれています。

もう一つは、肝を滋養している栄養を補うこと。
肝臓での毒出しを助けるには、たっぷりとミネラルやビタミンを摂ることです。

現代人は日頃から食品添加物などの化学物質を体に溜めているので、肝臓への負担は大きいはず。この時期にしっかり毒出しをなさると良いですよ。野菜

旬の野菜や牡蠣など、ミネラルの多い食品をたくさん食べて体のデトックスをしておきましょうね。

どくだみ菊花茶

「どくだみ」の名は、「毒出し」からと言われています。
漢方では十薬(じゅうやく)。薬効が沢山あることからこう呼ばれます。

●ドクダミ10g
●菊花 1~3g
(多いと苦くなります)
約1リットルの水で煮立て、弱火で10分沸騰したら火を止め、お茶としていただきます。

♥便通を改善し、ニキビ・肌荒れなどに良いお茶です。菊の花は目のかゆみや不快感を改善します。

漢方薬局 桃仁堂 平部 利奈 ひらべ りな

薬剤師(薬品物理化学修士課程卒) 日本ホメオパシー医学会認定薬剤師。 東洋医学を含む代替医療に可能性を感じ、日々いろいろな療法を研究中。 薬局は漢方中心ですが、フラワーエッセンス、栄養療法なども取り入れています。
プロ・アクティブの人気商品、糀ドリンク・結シリーズ『糀・乾ショウガ+』の監修もしていただいています。

漢方薬局 桃仁堂
//www.toujindo.com ☎03-3321-7405

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア