【お米の話】第十話 お米は常に進化しています。

長田竜太のお米の話 第十話

お米は常に進化しています。

水田を守ることで、私たちの生活が豊かに

皆さんは、お米の種類や品種をどれくらいご存じでしょうか?

私たち日本人が好んで食べているのがジャポニカ種です。
他は中粒種やインディカ種で、タイ米と言われる長細いお米です。なんと世界のお米の生産量の80%以上がこのインディカ種です。

日本で品種といえばコシヒカリがもっとも有名ですが、他に約300品種のお米が各地で栽培され、さらなる品種改良で毎年沢山の品種が常に生み出されています。

お米に含まれるデンプンには、アミロースとアミロペクチンの2種類があり、お餅の粘りはアミロペクチンにあるため、もち米のデンプンはアミロースが0%。品種改良により生まれた「低アミロース米」は、うるち米なのに炊いた時にもち米のように粘り気があり、冷めても固くならないという特徴で、お弁当に適したお米が出来たわけです。

さらに美味しさだけでなく、冷害に耐える品種や病気にかかりにくい品種等、日本の米の品種改良技術は世界一だと言っても過言ではないでしょう。

このような品種改良ができるようになったのは、2004年にイネの遺伝子配列が全て解明されたおかげであり、これまでかなりの時間がかかった交配が今後はさらにスピードアップし、多種多様な品種が出来ることでしょう。

また今後は、機能性に特化したお米の登場も期待されます。

一つは花粉症に悩む人たちに朗報になる花粉症予防米です。花粉症の季節になる半年ほど前からこのお米を食べることで身体に花粉症の免疫ができ、症状を緩和するもので、かなりの効果が期待できます。

また難消化性デンプンが多く含まれるお米の品種では、血中のコレステロールを体外へ排出する機能性が確認されており、中高年の生活習慣病改善に一役立ちそうです。

さらに、ご飯として食べるお米だけでなく、お米から摂れる油でエステ用のキャリアオイルが出来たり、住宅用塗料が出来たりと、様々なお米の形が今もなお進化しております。

日本にはこのように様々な進化を遂げるお米が毎年収穫できる水田があります。この水田こそが日本の資源です。
水田を守り続けることこそ、これからの私たちの環境のみならず、生活をも豊かにしてくれることでしょう。

枠を超え、お米の可能性を探求し続ける『日本一の米作り職人』。

長田 竜太
おさだ りゅうた

おさだ農場 農場主
(有)ライスクリエイト 代表取締役
日本キヌカ(株) 代表取締役

『元氣米』の生産者、長田竜太さんは、1964年、石川県小松市に農家5代目次男として生まれ、家業のお米づくりを引き継ぎました。
が、長田さんの活動は農業にとどまらず、お米の機能性を生かした『玄米ギャバ濃縮粉末』や、米糠を主原料とした住宅用自然塗料「キヌカ」を開発。数多くの賞を受賞するほど幅広く活躍されています。
そして地域ではPTA会長も歴任。そのPTAもまた「文部科学大臣賞」を受賞されるなど、お米づくりから広がる長田さんの活躍は教育の現場にまで及んでいます。
さらに現在は、経済産業省中部経済産業局農商工連携事業評価委員、農林水産省農林水産技術会議専門委員、日本農業経営大学校特別講師を務め、各方面での講演活動も積極的にこなされています。

元氣米の成長ブログ「おさだ農場 元氣米通信」//ameblo.jp/osada-farm

 

ページトップへ