【うちんTOMODACHI❤】 第四話 ~戦国武将・真田幸村に学ぶ(2)~

大坂の陣で、天下の大軍を率いる家康に対し、決戦を挑む真田幸村。彼の戦略はただ一つ、敵将・家康の首を討つこと。

真田勢は、幸村の作戦通り家康の本陣に襲いかかり、屈強で鳴らす家康の旗本勢を蹴散(けち)らし、馬印(うまじるし)を倒すほど家康に肉薄しました。
真田勢の凄まじさに、家康は自害を覚悟したほどだったと言われていますが、結局は、兵力で圧倒的に勝る徳川軍に勝てず、幸村は討死を遂げました。

その翌年、家康は亡くなりましたが、「あの世で酒を酌み交わしたい相手」として幸村の名を挙げた...というエピソードが残されています。

 

さて、その幸村が、決戦を前にして最愛の娘・阿梅(あうめ)を託したのが、伊達政宗の重臣・片倉小十郎重長(かたくらこじゅうろうしげなが)でした。父を失った阿梅は、その後どのような人生を歩んだのでしょうか?

大坂の陣の3年後、片倉重長の妻が亡くなると、阿梅は彼の後妻となりました。片倉重長と阿梅の間には子が生まれませんでしたが、片倉家は、阿梅の兄弟を引き取り、養育したので、幸村の血は、片倉家の居城のある白石(しろいし)(現在の宮城県白石市)の地で受け継がれました。
徳川幕府に知られれば、片倉家だけでなく、主家の伊達家にも類が及び、取り潰しの危険性すらあったはずです。

そうした中で、片倉重長のとった行動は、「この男にわが娘を託したい」 と自分に惚れ込んでくれた稀代のヒーロー・幸村に対する最大の敬意だったのでしょう。
亡父・幸村の決死の働きが、阿梅に幸せをもたらしたと言えるのかもしれません。

 

男としての死に場所を得ることと、家族の幸せを願うこと。
一見、相反するように見えて、この幸村の二つの夢は、同時にしか叶えることができなかったのではないかと思います。
周りの人を置き去りにして夢を追いかけるのではなく、周りの人、大切な人を、とことん大事にして、大好きな人たちを笑顔にしていくという生き方がある...。

笑顔にした人の数だけ、人生が輝くということを、幸村が教えてくれているような気がします。

 

「博多の歴女」白駒妃登美

埼玉県生まれ、福岡県在住。
大学卒業後、大手航空会社の国際線乗務員として7年間勤務。
その後結婚、出産を経て、福岡県を拠点に結婚コンサルトの活動をしながら、「博多の歴女」として歴史講座を積極的に展開。
2012年、日本の歴史や文化の素晴らしさを国内外に広く発信する「株式会社ことほぎ」を設立。
全国各地で公演活動に取り組んでいる。著書に『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』(共著、祥伝社)、3月末には新刊『感動する!日本人は逆行をどう生きたか』(中経出版)を発売。
ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア