【うちんTOMODACHI❤】 第七話 ~戦国武将・木村重成に学ぶ(2)〜

豊臣家臣団の中で、年は若くとも主君・秀頼の信頼が最も厚く、大坂城の女官たちにモテモテの木村重成。
城内の男たちは彼に嫉妬し、公衆の面前で侮辱する者まで現れました。
武士にとって、馬鹿にされ辱(はずかし)めを受けるということは、死ぬことよりもつらいもの。こういう場合、相手を殺し自分も死を選ぶというのが、武士の取るべき道と思われていました。

ところが、この時の重成の言動は、すべての者の予測を超え、あまりにも鮮やかでした。

「本来ならばお前を打ち捨てにするべきなのだろうが、そうすると私も死ななくてはならない。しかし、お前ごときのために、いま私が死ぬわけにはいかない。私の命は、秀頼様のためにこそ死ぬためにあるのだ。」

そう言って、笑顔さえ見せたそうです。
この一件で重成の覚悟を知った者たちは、みな重成に一目置くようになりました。

こうして名実ともに豊臣家の柱石の一人となった重成は、大坂の陣で大活躍し、家康を大いに苦しめます。

けれども、多勢(たぜい)に無勢(ぶぜい)、絶対的に不利な状況を覆(くつがえ)すことはできず、彼自身が望んだ通り、主君・秀頼のために存分に戦った後、壮絶な討死を遂げたのです。

大坂城が落城し、秀頼が自刃したのは、その数日後のことでした。

「私の命は、秀頼様のためにこそ死ぬためにある」そう思い定め、見事に本懐(ほんかい)を遂げた重成。

人の一生は、そんなに長くはない。
だとしたら、かけがえのない命を、誰のために、何のためにつかうのか?
どうでもいいことは、いちいち気にせず、スルーすることも大切だ・・・私は、重成がそう語りかけてくれているような気がします。

自分は、何のために生まれてきたのか、誰の笑顔が見たいのか・・・素直に自分と向き合えば、本当に大切な人、大切なものが見えてきます。

本当に大切な存在を大切にするために、どうでもいいことはスルーするというのも、大事なエッセンスなのかもしれませんね。

「博多の歴女」白駒妃登美

埼玉県生まれ、福岡県在住。
大学卒業後、大手航空会社の国際線乗務員として7年間勤務。
その後結婚、出産を経て、福岡県を拠点に結婚コンサルトの活動をしながら、「博多の歴女」として歴史講座を積極的に展開。
2012年、日本の歴史や文化の素晴らしさを国内外に広く発信する「株式会社ことほぎ」を設立。
全国各地で公演活動に取り組んでいる。著書に『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』(共著、祥伝社)、3月末には新刊『感動する!日本人は逆行をどう生きたか』(中経出版)を発売。
 

ページトップへ