【常食への旅】 No12:空気は水なり。

空気は水なり。

「空気は 水なり」。これは、呼吸大学の創始者である宮本一住さんが発明的発見によって生み出した言葉です。
空気中の気化水の良し悪しが空気の良し悪しを左右するという考えは真新しいものでしたが、同時に深く腑に落ちるものでした。 

宇宙から見ると地球が青いのは「水」の色。この水が美しいかそうでないかによって地球や地球上の万物の生命力が左右されるといっても良いと思います。
宮本さんは、人間や動物が「死ぬ」というのはどういうことか?というところから、"いのち"にとって何が最優先なのかを突き詰めていったそうです。

食料がなくなったら生きていけないけれど、何日間は生きられるだろう。
水がなくなったら・・・これも数日は生きていけそうだ。でも空気がなくなったら?何分も生きていられないだろう。
ということは、生きて行くためには空気が一番大切なのではないかというところに行きついたのです。

人は1分間におよそ9リットルの空気を吸っているそうです。一日で吸う空気の量は1万3千リットル。
さて、この空気、質が問われて当然だと思うのです。眠っている時は、生命維持のために体や脳を休めているわけですが、呼吸だけは休まずに行われています。
人が眠るところ、つまり室内の空気の良し悪しがその人の人生に与える影響ははかりしれません。

ところが、空気というと、酸素や窒素のことを指すというのが現代の科学です。
でも私たちは、滝周辺の空気や、森林浴のすがすがしさを体験的に知っています。
それは、その空気の中の水が美しいということなのです。

この ことを「空気は水なり」と表現した宮本さんとの出会いによって、私は運命が劇的に変化しました。

今後も食糧生産の現場から加工まで、そして何をどのように食べたらよいのか、を追求していくのですが、私たちが起きているときも寝ているときも常に体の中に取り込んでいる、住まいの空気(水)のことを最優先に学び伝えていきたいと考えています。

私にとって、空気の中の水(分子)こそが、最も大切な「常食」なのです。



幼い頃から料理を始め、東京・青山で評判の割烹料理店を経営した後、現在は人気通販雑誌の食のアドバイザーとして、オリジナルレシピなども手掛ける。
プロ・アクティブでも、人気商品『糀ドリンク結シリーズ』の開発や『玄米元氣』ご購入の方にお届けしている「玄米元氣通信」にもご協力いただいています。
NPO法人 呼吸大学(三重県・伊賀市)代表理事。
呼吸大学HP //kokyudaigaku.org/

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア