石川県産コシヒカリ&有機肥料100%


元氣米は石川県産コシヒカリ

おさだ農場があるのは石川県小松市。
コシヒカリの産地と言うと新潟の魚沼産やお隣の富山県が有名ですが、石川県も素晴らしい栽培環境なんです。こればっかりは自分で土地を選んだわけではないのですが、幸いにもここは霊峰白山の麓。春になるとたっぷり積もった白山の雪が解け出して、沢を下り平野の川へと流れ込みます。

元氣米の田んぼの脇にも、このミネラルたっぷりな白山の水が流れてきて、豊かな田んぼに取り入れられます。また加賀平野は昔から米作りが盛んに行われ、もともと肥沃な土地柄。それに加えて米農家5代目という長年の手入れで、土はふかふかで温かい。土と水、長田さんが最もこだわるうまい米作りの二大要素がきっちり備わっています。

有機肥料100%で育つ稲の色

有機肥料を100%使用した栽培方法だと言っても、どこがどう違うといのはなかなか表現しにくいところであります。しかし穂が出る前の時期、田んぼの色の違いが出ます。

通常の、化学肥料を使った栽培では、この時期 田植えの前に撒いた肥料が切れ始め、葉の色が落ちてきます。これは意図的に葉の色を落とすことにより、一時的に栄養失調をおこさせ、稲の背丈を短くして物理的に倒れにくい稲にするためで、品質よりも大量に収穫できる栽培方法なのです。

栽培途中で意図的に栄養失調を起こすのですから病気や害虫に対して抵抗力がなくなるのは言うまでもありません。そこで病気や害虫から稲を守るのが「殺菌剤や殺虫剤」のような農薬の数々です。有機質100%肥料では、常に葉の色は一定を保っています。また頑丈で健全な茎に支えられているので稲の背丈が高くて倒れることはありません。有機質100%の違いはこの稲の葉の色と関係があるのです。

元氣米のご注文 | 定期宅配はこちら

 

ページトップへ