玄米元氣開発者 神保 信一さん

ライフメール代表 玄米元氣開発者 神保信一さん

食を良くし、身体を良くする天然のアミノ酸玄米元氣

玄米元氣の開発者 神保さんは、遺伝子的に生まれながらにして糖尿病となる1型糖尿病だったため、もともと身体が丈夫なほうではなかったのですが、30代前半までは食品会社の役員としてご活躍でした。

しかし、体調に変化を感じたのは34歳の頃。糖尿がひどくなり、とにかく疲れる。朝起きて会社に行き、朝礼が終わるともう立っていられないほどでした。
お酒を少し飲んだだけで背中がかゆくなり、顔中にブツブツができたことで「これは肝臓かな?」と直感。さらに何を食べても味が分からない、立っているのもやっとという位に悪化。

人に薦められて使ってみたセラミックのベルトで、どういうわけか体調の回復をみて、それから「身体のためにいろいろやってみよう。食べるものも添加物のないできるだけ天然に近いものが欲しい」と思うようになったそうです。

玄米元氣 スプレー ドリンクにも

当初は、セラミックの特性を生かし、遠赤外線効果で食品の酸化を抑えたり水を良くしたりし、酸化防止剤や鮮度維持剤を使わずに、食品の美味しさを保つという事業を始め、食品の品質が良くなり、輸送他のコストも削減できるということで、業界の評判を得て成功しました。
しかし、4~5年で「これでは不十分」と思うようになり、さらに食品を良くするための研究に打ち込みました。

「結局、加工食品においては、添加物をただ抜けばいいというものではなかった。安全だけれども、必ずしも美味しくはなかったんです。素材の鮮度が良くてもダメ。同じ素材でも収穫の時期や季節によって味が違う。だから、常に同じ味・品質のものを安定供給するためには、何かが必要なのです。ただ、それが合成のものや化学的なものではなく『身体によく、なおかつ変化せずに、天然のもの』が必要だとイメージしていました」

こうして神保さんがたどり着いたものが「天然のアミノ酸」だったというわけです。

玄米元氣 お弁当が長持ち

天然アミノ酸を作るなら「玄米」以外にないと考えていた神保さん。
玄米元氣が開発された20年前、当時は食品に添加するアミノ酸といえば、化学合成された「うまみ調味料」が殆どだった時代です。
天然のアミノ酸開発を行う神保さんには、少なからず揶揄する声が上がったそうです。

何億種もの微生物の中から有用なものを見つけ出しても、相手は微生物。常に同じ働きをするとは限りません。
飽くなき試行錯誤、研究と実用の積み重ねから5年、ようやく作り出されたのが「玄米元氣」の前身となる「うまさ革命」でした。

最初は「この液体はなんだ?」と信じてもらえないそうですが、使ってみると、圧倒的な違いに誰もが納得してしまう・・・玄米元氣を加工食品に使用している社長さんが「加工食品を作る側として、余計な添加物をやめにしたいのが本音。玄米元氣に変えることで、どれだけ良心が満たされたか」と語るのを聞くと、神保さんの夢が実現していることを実感します。

「食を良くし、身体を良くする」という玄米元氣が、食品会社だけでなく、一般の個人も手軽に手に入れて、家族みんなの健康に役立っていく、その反響がなにより嬉しいのだそうです。

神保 信一 さん
(株)ライフメール 代表取締役、玄米元氣開発者


山形県生まれ。日本大学文理学部哲学科卒業。
大手食材宅配サービス会社の専務取締役、大手食品卸売会社の代表取締役を経て、1998年に現在の株式会社ライフメールを設立。 『玄米元氣』の他、『ジェルクリーム』をはじめとする玄米酵素を活かした化粧品なども開発・製造。 神保さんをもっと知る
神保さんのお宅訪問記

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア