竹布シリーズ (株)NAFA生活研究所 代表 相田 雅彦 さん

竹布 ナファ 相田さん

竹の繊維で糸を紡ぎ、生地にして

「1999年の夏、竹の繊維を産みだし、類い稀なる抗菌力が明らかとなった日、その果たすべき役割を夜通し考えながら、私は、乗り越えなければならない課題の余りの大きさにめまいがしそうでした。」と。

それから13年。

「竹の繊維で糸を紡ぎ、生地にして、傷にそっと寄り添うガーゼをつくる...。 そしていつか、医療の現場に届けたい。」

その想い一筋に、竹繊維100%のもの作りにこだわり、素材開発、技術革新に大半の月日を捧げ、竹の育成、医療用ガーゼの国内生産化へと、幾多の壁を乗り越えながら粛々と歩みを進めてきた相田さん。

月のしずく ゆの里

その間、TAKEFU(竹布)は、木綿や絹ですら負担の重いアトピーや敏感肌の方でも安心して使っていただける様々な製品に姿を変え、多くの方々にご愛用いただいてきました。

そして今、「いつか、医療の現場に届けたい。」 という相田さんの想いをのせて、いよいよ竹布が医療現場へ向けて羽ばたいてゆきます。

「人が最も傷み苦しむその時に、そっと傷に寄り添い、ただ快癒を祈る一枚のガーゼ」 『守布(まもりぬの)』と名づけられた国産の竹布ガーゼが、原点でもあるこの念願の使命を果たしてゆくことになります。

竹布 寝具で快眠

そして、

「今後も竹の育成による地球環境浄化への貢献、竹の総合利用によるさらなる人類への貢献が、竹の育成から製品の製造及び販売そして購入し使ってくださるユーザーの皆様、その竹布に関わるすべての皆様の喜びとなるよう、常に良心を全ての判断基準とし、妥協のないもの作りで歩み続けてゆきたい」

と相田さんは決意されています。

相田 雅彦 さん
(株)NAFA生活研究所 代表取締役、竹布開発者


大学卒業後、フリーの美術記者として作家の取材をしているうちに、モノづくりの厳しさに感動。 その世界に身を投じて20年が過ぎる。
つねに心がけてきたのは「純粋な魂の表現」。
竹繊維の開発を始めてからは他の仕事を一切やめ、竹の心に耳を傾けることに専念する。
相田さんをもっと知る
相田さんのものづくり

ショールームのご案内

竹布お客様インタビュー

ポイント5%還元送料無料の規定について

会員お買い得ページ お得がいっぱい!会員特典「プロ・アクティブのスマイル7大特定」と新規会員登録はこちら お得で便利!定期宅配はこちら定期宅配設定変更方法

公式Facebookはこちら

お知らせ

この度の台風ならびに大雨によって被害を受けられた地域の皆様に、スタッフ一同謹んでお見舞い申し上げます。

◆大雨による配送への影響について>>
◆夏季休業のご案内>>

イベント情報

イベント一覧

商品一覧

プロ・アクティブオリジナル商品

プロ・アクティブ独自輸入商品

健康食品・サプリメント

月のしずく(温泉水)

TAKEFU(竹布)

食品・ドリンク

波動スピーカー

美容・コスメ

ヘアケア・ボディケア