ラディアンスライフ 02 木津龍馬さん-09


トレーナーとして、食癒療法を始めて選手が異例の復帰。 【肉食から玄米へ180度意識転換】
は嗜好品。バランスが大切。動く前だからこそ野菜食べる】
普段の食事でどんどん変わってくる。 【一番いいのは「ずっと続けること」です】
治療家とは名乗らない  【真心が先にあることが大切】
義務感で行動しないこと【心からそう思ったときにするのがいい】
根本は両親から受け継いだ正義感 【誰かの為っていうと動けるんです】
病気は治せないけど一緒なら頑張れる 【自分で努力しなきゃ無理】
知識として知るのではなく、体感することが大事。 【そこに計算ないです】
最初は嫌でも人の顔が見えると元気になれる【多分、誰よりも癒されてますね(笑)】
ちょっとしたコミュニケーションを大事にする【本当はそういうのが一番大事】
どちらが良心的か、損得を外して選択する【いかに良心に基づけるか】
最初は嫌でも人の顔が見えると元気になれる
 ~多分、誰よりも癒されてますね(笑)~

木津

『デスノート』って漫画を知ってます? 
エルっていう探偵いるじゃないですか。
彼なんて現代の象徴ですよね、IQ高くて。でも極端な猫背で、極端に甘いもの食べ過ぎて自閉症なんですよね。でも推理の力だけはあって、それだけを重宝されているような。時代を象徴してますよ。
バランスじゃなくて突出してるものがあって、それだけが重宝されている。

現代って得意不得意があって、不得意なことはね、ある意味おちゃらけで馬鹿にしあえるのが一番いいと思うんですよ。
ネガティブに突き落とすんじゃなくて、「バカじゃないの?」っていうのが当たり前に話せる環境というのが必要だと思うんですよ。
でもバカにされたとか、あんな言い方されたとかになると、もう冗談も通じないから、どんどん壊れていっちゃう。
ギャグというかユーモアというのは、人を突き落とすんじゃなくて、場を和ませる、そういうので必要だと思うんです。

実際、講話会のときなんかも、真剣な顔されているときに何言っても入っていかないです。バーンって笑ったあとのほうが吸収してる。


山口 閉じるんですかね。笑うと開く。

木津

笑うのはいい。

でもね、勉強イコール真面目にとか、集中するときは真面目でいいんですけど、もっと柔らかくやっていかないとモノは入っていかないですよね。
それもクセなんでしょうね。ストイックさ追求する奴と、そうでない奴と。
おちゃらけも違うんだろうけど、楽しいの半分、おちゃらけも半分とか、そういうのがつくようになると、本当はいじめとかもなくなってくるというか。
みんな自信がないんですね。幻なんですけど、自信って。
あの人みたいになりたいって、でもあの人って意外と自信なかったりするんですよね。
妄想なんですよ。みんな一緒なんですよ。
みんな本当は一緒なんだなってわかればいいんです。

僕、よく人に言われるですが「木津さんってへこむことあるんですか」って。
僕、毎日へこんでますよ(笑)
そう言うんだけど、信じない人は信じないですね。
でも近くで見てる人は知ってるから。
へこむのは当たり前だし、呼吸が浅くなるし悲しくもなるし腹も立つ。
そういう中で何ができるかを迷いながらも追求してくいわけじゃないですか。
だから百点はないと思いますね。

だから僕、ほんと恵まれていると思います。
自分は二割三割しかできないのに、みんながよってたかって百にしてくれる。
講話会のときだって、しゃべってる内容忘れるんですよ。
何しゃべっていいかわからないとき、「今、その話してましたけど」と教えてくれる。
「ああ、そうだそうだ」って(笑)

だから、普通何か教える人って、間違えちゃいけないって教えるじゃないですか。
でもいいんですよ、間違えてもね。まわりで修正してくれるから。
真面目にやってて間違えてもフォローしてくれる。会社もそうじゃないですか。
どんなにライブでも東京ドームにタレントが来たって言っても、お客さんがチケット買わなきゃ成り立たないですからね。
そこを勘違いしないようにしないと、自分でも危ういなって思いますね。
だからある意味自信というか、自分だから出来たんだってことになると、驕りとか自惚れになっちゃうし。

10年くらい渋谷で月1回講話会をやってるんですが、そこに毎回百人が来るわけですよ。自分で言うのもあれですが、俺だったら来ないです、面倒くさくて(笑)
しかも2500円払うんですよ。 映画観てスタバでコーヒー飲めますよ(笑)
仕事終わって平日の夜に、混んで空気の悪いところに来るわけじゃないですか。
毎回、参っちゃうなぁ、どうしようって思います。
いつもね、あそこの場に行くのがいやなんです。
申し訳なくてね、告知しておきながら。

その前後にもいろんなことがあるから、でも、みんなの前で嫌な顔できないしなぁって。毎回嫌だから休んじゃおうかと思ってます。おなか痛いとか、言い訳ばかり考えてますからね。いつも。


山口 木津さんでもそうですか。

木津

いっつもです(笑)

でもね、行くと元気になるんですよね。みんな見ると、来てくれたってまた元気になって。実はたぶんね、誰よりも癒されてますね(笑)
もう本当にね、申し訳ないです。

だからあまり真面目に書かれると引いちゃう、ノートとかに書かなくていいからって(笑) 最初は三十人くらいのところでやっていたんですよね。
顔が見えないところでやるのは嫌だったので。

今は人数が多くなっちゃったから、前はもう一人ひとりともっとしゃべっていたのに。
それを思うとコミュニケーション不足になってるなぁって...。


Back |  Next

 

ページトップへ