合成ビタミンからナチュラルビタミン、そしてオーガニックビタミンへ



マルチビタミン・ミネラル『ヴァイタシナジー』


合成ビタミンひとりぼっちのビタミン
多くの人が日ごろ摂っているビタミン・ミネラルは、99%合成型のビタミンです。
その形態から「単離成分」と言われています。文字通りですが、「単独」で「分離」された成分という意味です。本来、仲間がいたのにいなくなった成分、これを「ひとりぼっちのビタミン」を呼びましょう。

しかし、自然界において食物中にあるすべてのビタミン・ミネラルは、いつも仲間である「補助成分」と一緒に存在しています。


チームのビタミン

それは、ちょうど野球のチームのようなものです。ビタミンは投手のような存在で、最も目立って中心的な働きをするのですが、捕手やほかの守備についてくれるメンバーがいなければ試合にでることはできません。投手を中心としたチームとして成立している状態、これがナチュラル・ビタミンです。これを「チームのビタミン」を呼びましょう。


25個の野球チーム!マルチビタミン&ミネラル「ヴァイタシナジー」
ヴァイタシナジーには、25種類のビタミン・ミネラルが入っていますが、これはちょうど25個の野球チームがあると考えていいと思います。ビタミンBというチームには、それぞれ選手がいます。ビタミンCのチームにも、ビタミンDにも。

ナチュラルビタミン市場で販売されているサプリメントは、この例えだと、「ひとりぼっち」の投手ばかりが集められているといえます。人の注目を浴びるためならばそれでもいいかもしれませんが、人の健康に関わるという「真剣勝負」の場合、投手だけでは試合ができないのは言うまでもありません。

ビタミンBはB1からB12まで8種類の栄養素が協力しあわなければ働けません。それだけでなく、その一つ一つも「補助成分」がなくては働けません。その全ての仕組みが解明されたわけではありませんが、ここにサプリメントではなく、食事が生活の基本であるという考えがでてきます。

私たちは、ヴァイタシナジーを単なるサプリメントだとは思っていません。この商品を「ホール・フード・ビタミン&ミネラル」(植物型ビタミン・ミネラル)と呼んでいます。

ヴァイタシナジーのビタミン・ミネラルは、食物を原材料に、日本人の文化でいうと味噌や醤油といった発酵食品を育成するように作られています。開発者であるミッチェル・メイは「ビタミンを『栽培』している」という言い方すらするくらいです。
有機栽培
オーガニックの意味
食の安全と働きの違いを考えたら、食品ならオーガニックを選ぶのに、サプリメントとなると...そうした願いに応えるのが、ヴァイタ・シナジーです。
なぜオーガニックなのか- オーガニック製品を選ぶということ -

前のページに戻るマルチビタミン・ミネラル・サプリメントTOP

マルチビタミン・ミネラル・サプリメント:ヴァイタシナジー商品一覧
ヴァイタシナジーは、オーガニックの植物をベースに酵母の力で作られたマルチミネラル&ミネラルです。
お子様からご年配の方までヴァイタシナジーベーシック 輝く女性のためにリズムとバランスのフォーウーマン 男女ともにハードな毎日を送る方にパワーとエネルギーを、フォーエナジー


合成ビタミンからナチュラルビタミン、そしてオーガニックビタミンへ
ナチュラルビタミンはチームのビタミン。力を併せて人々の健康を助けます。
開発者ミッチェルのこだわり
遮光ビン、男女別のマルチビタミン・ミネラル サプリメント...etc
こだわりを解説。
       
なぜ購入しましたか?
15人の感想

なぜ購入しようと思われましたか? そしていかがでしたか?15人の感想
ヴァイタシナジーQ&A
ホームページに記載されている事以外にも、ご不明なことはお気軽にご連絡くださいね。
       
ピュアシナジーと
ヴァイタシナジーのある生活

ピュアシナジーとヴァイタシナジー、どのように飲み合わせたら良い?
   
前のページに戻るマルチビタミン・ミネラル・サプリメントTOP
 

ページトップへ