根元白髪、生え際白髪が気になる方に『髪萌カラーアップ』

今使っているヘアカラーでは物足りない、根元白髪、生え際白髪もしっかり染めたい。
そんな時は、染めの力がアップした『髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』がおすすめです。

根元白髪、生え際白髪もしっかり染めたい

“やさしい白髪染め”では染まりにくい、根元や生え際などの部分白髪が染まらない。
美容院にも行ったけれど、費用や行く手間がかかったり、生え際の染め方があまり上手でなかったり、また、強力な染毛剤でよく染まるのはありがたいけれど、頭皮や地肌へのダメージが大きく、このまま染め続けていていいのかという悩みも!

染めの力UPの『髪萌(HATSUMOE)カラーアップ

5分で染まり、頭皮への優しさはキープ

『髪萌 カラーアップ』は、染まりづらい生え際・分け目の根元白髪、部分白髪にお悩みの方の為に、部分染めに特化て開発されました。色素が濃く、1回目からしっかり染まります。

通常、刺激の強いジアミン系色素不使用の“やさしい白髪染め”で部分染めをするのは難しいのですが、この『髪萌カラーアップ』はジアミン不使用なのに部分染めも可能な“染まりの強さ”を実現しました。

これまで、剛毛で染まりづらかった方にもぜひお試しいただきたい白髪染めです。(剛毛・撥水毛など、毛質によって特に染まりづらい方は、少し長めに時間をおいてください)

地肌のダメージから守るハーブバリア成分で敏感肌にもやさしい成分

地肌への優しさにも配慮し、地肌のダメージを防ぐ陳皮・シソ・ローズマリー・アロエ・ニンジン・センブリなどの有用植物成分を組み合わせています。

また、染料にはクチナシの天然色素も使用するなど、敏感肌の方でも使えるよう配合しています。

髪萌(HATSUMOE)ヘアカラートリートメント』がヘアカラートリートメントなのに、きちんと染まる理由

独自のラッピング製法

髪や肌と同じ弱酸性のトリートメント成分でキューティクルをケアしながら、髪の毛1本1本をラップで包み込むように色素を吸着させる、独自のラッピング処方を採用。使用回数を重ねるごとに色が定着していきます。

髪や肌と同じ弱酸性で、髪の毛1本1本をラップで包み込むように色素を吸着。
キューティクルもケアできます。

イオンの力で強力着色

髪の毛のもつマイナスイオンに、プラスのイオンカラーが強く吸着し、キレイに発色します。

吸着しやすい小さな分子

染料は分子が小さいので、無理にキューティクルを開くことなく、ダメージを与えずに髪に吸着していきます。また地肌にはつきにくいという特徴ももっています。

髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』はジアミン不使用!敏感肌に優しい成分

頭皮や髪の弱い方に向けて開発された『髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』は、刺激の強いジアミン系色素は不使用。敏感肌の方でも使いやすい、刺激の少ない原料を厳選しています。有機溶剤も不使用なので、ツンとしたニオイがなく、染めている間も快適です。

ヘアカラーでピリピリするのは「ジアミン」が原因

白髪染めでピリピリする。かゆくなる…。その原因のほとんどは、白髪染めの染料に含まれている「ジアミン」という化学物質「パラフェイレンジアミン(PPD)」によるものだと言われています。ジアミンは、様々な色味を容易に作りだすことができ、髪がいったん染まるとほとんど色落ちせず“便利”なため、現在市販されている白髪染め剤、カラーリング剤の多くに使用されています。

ジアミンアレルギーは、人によって異なりますが、頭皮の湿疹、赤くなる、かゆくなる、ピリピリする、顔や目が腫れる、などの症例が報告されています。 怖いのは、前回まで全く問題なく染められていたのに、ある日突然、アレルギー反応が出たり、呼吸困難などを伴う危険なアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があること。 ジアミンで一度かぶれた経験のある人が、その後またジアミン入りの白髪染めを使うことは大変危険です。

市販の染毛剤や美容院の染毛剤に多く採用されているジアミン、実は国際がん研究機関(IARC)が認定している発がん性物質でもあり、経皮から吸収され、体内で少しずつ蓄積されていく危険性も指摘されています。たとえ今アレルギ―症状が出ていなくても、長期にわたる使用は注意が必要です。

無添加へのこだわり

☑ パラベン不使用
☑ ジアミン系色素不使用
☑ 鉱物油不使用
☑ 法定色素不使用
☑ 酸化剤不使用

髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』は頭皮を守り、栄養を与える12種類の成分でできています

髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』は人と環境に優しいヘアカラーです。頭皮への刺激・ダメージを抑えつつ、頭皮に潤いと栄養を与えるための成分がたっぷりと含まれています。
頭皮の若々しさを維持し、健やかな地肌に働きかけるハーブエイジングケア成分として、ニンジン・センブリ・レンゲソウ・ジオウ・シャクヤク・ユズ・クワの7種の植物成分と、髪へ潤いとツヤを与えるための保湿成分として、アロエ・チンピ・シソ・ローズマリー・イチョウの5種のハーブを配合。さらにガゴメエキス配合で、頭皮へのダメージを抑えるだけでなく、毛母細胞に力を与えます。

髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』でよくいただくご質問

一回の使用量はどのくらいですか?

髪全体に塗布する場合
【ショートの場合】 約25g程度(ピンポン玉1個程度)・・・1本で約6回分
【ロングの場合】 約40g程度 ・・・1本で約4回分

生え際、根元染め、部分染めには、適量をご使用ください。
あくまで目安量ですので、髪全体に行き渡らない、染まりが悪いと感じた時は、量を増やしてお使いください。

週に何回ぐらい使えば良いですか?

髪質にもよりますが、『髪萌カラーアップ』は使う度にしっかりと色が定着してきます。
毎日でもお使い頂けるので、お好みの色に染まるまでは使用頻度を多くしてください。
シャンプーの度に少しずつ色は落ちていきますので、その後は一週間に1~2回くらいの頻度でご使用ください。

市販のシャンプーで洗い流しても大丈夫ですか?

はい。ただし洗浄力の強いシャンプーを使用した場合、せっかく染めた色を落としてしまう場合があります。洗浄力のマイルドな弱酸性シャンプーなどがおすすめです。
『髪萌薬用シャンプー』は、『髪萌カラーアップ』のキレイな色を保ちつつ、さらに、髪にハリ、コシやボリュームを与えます。シリーズでの併用をおすすめします。

他の染毛剤と併用できますか?

他の染毛剤でヘアカラーを行っている髪にも使用できます。
お使いになるお客さまの髪質や、それまでご使用になっていた染毛剤によっては、思ったとおりの色に染まらない場合もまれにございますのでご注意ください。
また、「髪萌(HATSUMOE)カラーアップ」と、髪萌シリーズ以外の染毛剤を同時に混ぜて使うことはおやめください。

髪萌ヘアカラートリートメントとカラーアップを併用する場合、どのように使い分ければいいですか?

ヘアカラーの合間に伸びてきた根元白髪や生え際の染まりにくい場所には、染毛力の高い『髪萌カラーアップ』を、毛先や白髪が少ない場所には『髪萌ヘアカラートリートメント』をと、部位によって使い分けができます。

また、1回ずつ交互でのご使用もおすすめです。
『髪萌カラーアップ』は手早く簡単に白髪に色を付け、『髪萌カラートリートメント』はシャンプーで落ちていく色を補いながら,傷んだ髪にしっかりと栄養を与える3種の商物「オイル配合のトリートメント効果が得られますので、交互のご使用で、いつも白髪をケアしながら、つややかな髪色をキープします。

パーマや縮毛矯正後の髪でも使用できますか?

パーマや縮毛矯直後は、髪にパーマ液などの薬剤が残っている場合があり、この残っている薬剤の影響で思った色に染まらない場合がございます。
パーマ、縮毛矯正から数日程度の期間をあけてご使用ください。

汗をかいても色落ちや色移りしませんか?

激しいスポーツなど多量の汗をかいた場合、衣服に色移りすることがありますのでご注意ください。1~2日経過すると色素が定着し、色落ちしにくくなります。

黒髪に使っても染まりますか?

黒髪には色がはっきり出ることはありません。一般的なヘアカラーのように黒髪を明るい髪にすることはできません。

ヘアカラーでかぶれます。敏感肌でも使えますか?

一般的なヘアカラーで使用されている酸化染料および法定色素は入っていません。
『髪萌ヘアカラートリートメント』は安全性の高い原料を厳選していますが、アレルギー体質の方(化粧でかぶれをおこしたことがある方)は、あらかじめご使用前にパッチテストをすることをおすすめします。

素手で使用しても大丈夫ですか?

手や肌、爪についても、すぐに石鹸等で洗い流していただけば落ちますが、時間がたつと落ちにくくなります。乾いた手で触ると色が落ちにくくなりますので、添付の手袋をお使いいただくことをおすすめします。

白髪を完全に染められますか?

一般的なヘアカラーとは染色の仕組みが異なりますので、完全に染めることはできません。

妊娠中でも使用できますか?

髪と地肌にやさしい商品なので、成分的には妊娠中の方にもお使いいただけいますが、妊娠中はホルモンバランスが変化しやすく、お肌もデリケートになっている場合があります。
ご心配な場合は、あらかじめパッチテストをしてご確認いただくか、主治医にご相談ください。

髪萌(HATSUMOE)ヘアカラートリートメント』とはどう使い分けるの?

髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』は、『髪萌(HATSUMOE)ヘアカラートリートメント』の姉妹品で、染める力をさらにアップしたヘアカラーです。
ダブル使いをすることで、しっかり染めながら、その後の色落ちと髪のケアができます。

2種類のヘアカラーを交互に使うだけで、今までの悩みが解決!

市販の強力な白髪染めを使った時のお悩みとして、「染まるかわりにヒリヒリする」「染めた後、髪の毛がギシギシになってしまった」といった声があります。

髪萌シリーズなら、どちらも髪と地肌にやさしいので、ヒリヒリしづらく快適。

染めた後にさらに色を重ねながらケアする『髪萌(HATSUMOE)ヘアカラートリートメント』としっかり染まる『髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』をダブルで使うことで、染め重ねながら、しっかりトリートメントでき、傷んだギシギシ感を防ぐことができます。


入浴中の濡れた髪にも使えます。シャンプーの後、タオルなどでしっかり髪の水気をとり、適量を髪全体につけてよくなじませます。
その後10分(2回目以降は5分ほど)おいて、しっかりすすぎます。

髪萌(HATSUMOE)カラーアップ』を特に白髪の気になる部分に、『髪萌(HATSUMOE)ヘアカラートリートメント』を髪全体にご使用ください。もちろん2本を同時使用もOKです!

髪萌シリーズで、艶やかで若々しい髪を手に入れてください。

髪と地肌に優しいヘアケア 髪萌(HATSUMOE)カテゴリの最新記事