電磁波ストレス、5Gの不安から解放されたい

電磁波ストレス、5Gの不安から解放されたい

電磁波って何?

大気環境が電磁波によってつくられ、地球環境と相互に密着な関係を持っている電磁波をなくすことはできません。
太古の昔から、自然な状態で電磁波(地磁気など)の中で生活してきました。
その電磁波(地磁気など)は左ねじれ波・右ねじれ波がバランスよく存在していたのです。

現在問題なのは、科学や工業の発達によって、電磁波を発する機械、機器が増えたことです。
電磁波のねじれ波のバランスの崩壊です。

頭痛やめまいなど体に不調を起こす電磁波過敏症になってしまう人も現れ、身近なトラブルとなりました。

電磁波にどのように対応したらいいの?

便利な文化生活を捨てて、電磁波を発するモノを排除するのは現実的ではありません。
体に悪影響を与えるのは、バランスがとれていないことです。

電磁波先進国ウクライナで開発された「電磁波のバランス崩れ」を中和する『スピノル』です。

電磁波の中でも悪影響を及ぼす「左ねじれ波」を、『スピノル』が発する「右ねじれ波」で中和し、安心な環境を作る「電磁波ブロテクト」です。
局所的な防御にとどまりがちな従来の電磁波防止とは、一線を画す「中和」「バランス」に特化しています。

場面によって使い分けできる、4つのスピノルの違いと使い方のコツ

スピノル ルーム

『スピノル ルーム』は、一部屋まるごと安心領域に!だから、まずリビングと寝室に置くのがおすすめです。

テレビ周り・PC周りの電子機器、ホットカーペットや空気清浄機、AI家電など、あらゆる方向から電磁波が発生するリビングに一台あると安心です。

また寝室は、一晩中動かずに眠る場所。目に見えなくても、壁の中の電気配線や、外の電信柱・携帯基地局などから電磁波を浴び続けている可能性が。枕元に一台あると安心です。

スピノル ポータブル

『スピノル ポータブル』は、パーソナルスペースをクリアにしてくれるアイテム。
テレビ・電子レンジ・IH調理器やWi-Fi機器などの前に置き、電磁波を遮るイメージで使います。

自分のまわりを安全領域にしてくれるので、部屋を移動する時や外出時も持ち歩けるのがポイント。

電車・新幹線・飛行機などに乗る時は、バッグの中でも良いのですが、目の前に出して置くのがベスト。最も効果を感じられる使い方です。

スピノル シール

『スピノル シール』は、スマホ・携帯ゲーム機器等には1枚、タブレットPCなら2枚、ノートPCなら3枚貼るのがおすすめです。

よく『ルーム』や『ポータブル』があっても『シール』が必要ですか?と聞かれますが、直接、手で触れ、耳(頭)に当て、ポケットに入れれば心臓や生殖器の至近距離となり、モバイル通信やWi-Fiなど強い電波を使用する機器なので、『シール』を常に貼っておくのが大切です。

スピノル 車用(シガーソケットタイプ)

『スピノル 車用』は、車のシガーソケットに挿し、電源を必要とする、車専用のスピノルです。
シガーソケットからつながる電線で、車全体にスピノルの効果を広げ、一台まるごとをプロテクト。

車内の圧迫感が消える、長距離でも疲れにくい、同乗者が酔いにくい、燃費が1割ほど上がるなど、使用された方から驚きの声が上がっています。

2020年は5G元年!一歩前へ。

「5G」は、映画1本が数秒でスマホ等にダウンロードできたり、スマホからロボットやAI家電が遠隔操作できたりと、夢のような便利さが手に入る、次世代モバイル通信規格です。

便利さの反面、5Gは周波数がケタ違いに高く、人体・生体への影響が懸念され、ヨーロッパでは導入を保留したり反対運動が広がるなどしています。
周波数の高さに加え、心配なのは通信ネットワークの密度です。
5G電波は障害物に弱いため、アンテナを大量に増設しなければなりません。

そのため、道路のいたるところにある信号機にも5G基地局をつけることになり、2025年をめどに全国20万拠点もの5Gネットワークが増設される予定。
アンテナだけでなく、私達の手元にあるスマホ等も徐々に5G対応機種に変わっていくはずです。

あまり報道されない5Gの不安・・・経済的に大きな影響力をもつ企業や国が関わる事業なので、悪い報道はされないのではないか?とすら考えてしまいます。
不安を抱えたまま何もしないでいるよりも、先手をうって電磁波対策しませんか?

電磁波対策スピノル(SPINOR)電磁波プロテクトスピノルのご購入はこちらから

教えて!プロアクカテゴリの最新記事