タグ:達人の森

地球誕生の神秘から生まれたミネラルウォーター

ミネラルウォーター・温泉水 月のしずく

『月のしずく』は、弘法大師にゆかりの深い、高野山麓「神野々」の里に湧く地下水「金水」と、さらに深層1,187mより湧き出るミネラル豊富な温泉水「銀水」をバランスよくブレンドしたミネラルウォーターです。

月のしずく-細胞までしみ込む水。

私たちの身体の約70%が水分。「お水」が身体に与える影響は計り知れません。

全身に60兆個あるといわれる細胞。
どの細胞も、常に水分を介して生命活動・新陳代謝をしています。
すべての細胞に水分が満たされているだけでなく、汗や尿として老廃物を水分に溶かして排出することも大切。体内の水を循環させるには、1日に2リットルの水が必要といわれます。
水分補給をしなければ、生命の維持すら不可能・・・。
補給される水分が身体に与える影響は計り知れません。

大切な水分だからこそ、「良いお水」を飲みましょう。

竹は究極のエコ素材

竹布の原料である竹は、発芽してから3年で成木になります。
成長期には一晩で1メートル以上も成長する、非常に生命力にあふれた植物です。
毎年種を植える必要がなく、農薬を散布する必要もありません。
上手に管理し、成木のみを伐採していくことで、資源を減らすことなく活用できる究極のエコロジー素材です。

竹繊維

抗菌力に優れた竹

昔から竹や笹は、その優れた抗菌力が重用され、おにぎりを包むなど、食べ物の保存に使用されてきました。
竹布の原料である天然抗菌竹繊維TENBROは、独自の製法によりこの優れた竹の天然の抗菌力をそのまま生かした繊維として誕生。
財団法人日本食品分析センターの抗菌テストデータでは、MRSA(院内感染菌)の増殖を抑制することが実証されました。

衛生的な竹繊維

天然抗菌竹繊維TENBROは独自の繊維構造により、優れた吸水性と放湿性をもっています。
この特性は、タオルや衣料品などの素材としては最適です。高い抗菌力に加え水分を含んでも乾きやすいため、湿度の高い環境に放置しても臭わずカビることなく、いつでも清涼感を持続します。
天然抗菌竹繊維TENBROは、まさに21世紀の新繊維として大きな可能性を秘めています。

全生産工程をチェック

安心してご使用いただけるように、原料の竹から最終製品まで徹底した管理をしています。
もちろん生地の加工段階でもアレルゲンとなる薬品は一切使用していません。
また、竹の栽培には、農薬および人工肥料を一切使用せず、3年の成木のみを原料とする計画生産を行っています。

MSMとは「メチル・スルフォニル・メタン」の頭文字をとった略で、有機化されたイオウ(硫黄)という意味です。
カーディナル・ニュートリション社の「蒸留法」によって精製されたMSMは、飲用のパウダーや、塗布用のクリームとして製品化されます。
アメリカではすでに350万人以上に愛用され、2003年に日本に紹介されてからは、国内でも、ふしぶしが辛い方などに高く支持されています。

MSMが愛される理由

MSMが使われるようになったのは20年ほど前、アメリカのオレゴン州にあるヘルスサイエンス大学のクリニックでした。
気になる部分に塗ったり、パウダーを飲んだりすることで、簡単に有機態イオウを摂取することができるMSMは、余ったら排泄されるため、摂りすぎの心配もなく、多くの人のクチコミで広く愛されるようになったのです。

なぜイオウを補う必要があるの?

ヒトの体内で、イオウはなくてはならない役目を担っています。
ヒト体内のたんぱく質を構成するアミノ酸には様々な種類があり、中でも「メチオニン」と「システイン」はイオウ成分を含んだアミノ酸として「含硫アミノ酸」とよばれています。

必須アミノ酸「メチオニン」の働き

「メチオニン」は必須アミノ酸ですが、体内で作り出すことができないため、食べ物から摂取しなければなりません。
メチオニンにはいろいろな働きがありますが、簡単に言うと「体内にある材料を、用途に合わせて使える状態に変化させる」のが大きな働きです。
また、痛みやかゆみを引き起こすヒスタミンの血中濃度を下げる働きもあります。

含硫アミノ酸「システイン」の働き

「システイン」は、メチオニンを材料として体内で作られます。
システインは、病気や老化の原因となる「酸化」から身体を守り、発がん性物質や有害化学物質を体外に排出する「グルタチオン」に変化します。グルタチオンじたい、医薬品やサプリメントとしても販売されています。

インシュリン、ヘパリン、タウリンなどは両方揃わないと作られません。

炭水化物の代謝や血糖値の恒常性維持に必要な「インシュリン」、血液の凝固を防ぐ「ヘパリン」、細胞を正常に保つ作用(ホメオスタシス)を助けて上昇した血圧を下降させたり肝細胞の再生を助けたりする「タウリン」などが、メチオニンとシステイン両方を原料に作られています。

イオウ分の働きは枚挙にいとまがありません

他にも、多種類のアミノ酸が結合してたんぱく質を作る時に、含硫アミノ酸のイオウ成分が活躍します。
イオウとイオウが結合すると非常に頑丈な構造となるため、簡単に壊れてはいけないタンパク質の結合部分でイオウが役立つのです。

アミノ酸やたんぱく質のほかにも、骨と骨をつなぐ軟骨にはイオウ成分がたくさん必要になりますし、髪の毛や爪を作るケラチンにもイオウ成分がたくさん含まれています。

末端神経の健康を守るビタミンB1や、皮膚の健康を守るビオチン(ビタミンB7)にも、イオウ成分は欠かせません。

そのさまざまな働きを考えると、イオウ分の不足が身体にもたらす影響は計り知れません。

イー有機生活 人参ジュース開発者 伊藤孝博さん

有機農家と工場、そして伊藤さんの想いの詰まった究極の人参ジュース

山形の農家の三男として生まれた伊藤さんは、東京の大学を卒業後、コンピュータの世界の精鋭として、長らく活躍されました。
「長兄は、農薬や化学肥料を使って作物を育てるやり方に強い疑問をもち、日本でいち早く有機・無農薬栽培に取り組んで、その中心的な存在となりました。実は、私が生まれる前、農薬の事故で幼い次兄が亡くなったんです。農薬の危険を誰よりも知る長兄は、農薬・化学肥料に頼らず持続可能なモデルを目指したわけです。
長兄が農業でナンバーワンを目指すなら、自分はコンピュータの世界で次兄の分まで頑張ってナンバーワンになってやろう、という意気込みでいました」と語る伊藤さん。意気込み通り一流の技術者となり活躍されていましたが、伊藤さんに転機が訪れたのは47歳の時でした。

人参畑 人参ジュース

「両親が他界し、山形の家で兄と話していたとき、何気なく収入の話になったんです。自分の収入額を答えると『それはここらの農家の5軒分の収入だぞ』と兄が言うんです。
ショックでした。山形では一世帯に三世代・四世代が同居する大家族が当たり前。私一人の年収額が、家族総出で苦しい思いをして働いた農家五所帯分になるというのはちょっとおかしい。これでは日本の農業は本当におかしくなる、と強く感じました」

このショックが転機となり、47歳の伊藤さんは農業の世界に転身します。

「あと働けるのもせいぜい20年くらい。日本の農家のためになることが自分にもできるなら、残りの人生、頑張っている人たちと共に生きていこうと決意しました」

山形に帰省するたびに、地元全体に明るさがなくなり、「息子に農業を継がせたくない」という話がほうぼうから聞こえる・・・全国的にも65歳以上の、サラリーマンならリタイヤしている年齢の人が中心になって働かざるを得ない日本の農業の未来。

「若い人が魅力を感じてずっと続けていける環境を作り直していかないと」と伊藤さんは語ります。

人参畑訪問

伊藤さんが代表を勤める「イー有機生活」の「人参ジュース」は、プロ・アクティブのお客様にも「濃厚で甘み・旨みが強くて美味しい!」と大好評。

腹持ちがよく「食事」になるほどの品質の人参ジュースができる秘密は何なのでしょうか。

「野菜や果物をいったん粉に濃縮して、水で戻した濃縮還元ジュースと違い、国内の有機農家が育てた作物を、そのまま丸ごと全部飲んでほしいという考えで作っていますから、素材の成り立ちも製造方法も、一般的な100%ジュースとはまったく違うんです。果肉も繊維質も出来る限りそのまま生かしているのは、うちだけの大きな特徴です。」

たしかに、非濃縮のストレートジュースの中でも、ここまで果肉や繊維質がたっぷり残っているものは見かけません。

「作物をぎゅっと搾って果汁を取り出したあとの残りをカスとして捨ててしまうのはどうにももったいない。有機・無農薬の農家は、普通の何倍も苦労して、人参ひとつに途方も無い手間ひまを掛けて育てます。果汁を搾った残りにも農家の苦労が詰まっていて、有機ならではの栄養も濃い・・・そう考えると、捨てるなんてとてもできません。ですから、果肉と繊維を可能な限り残しているんです」

一般的に、カビや腐敗の事故を危惧し、工場では果肉や繊維を残したがらないのですが、イー有機生活工場では、手作業重視で安全管理を徹底することで解決しています。曲がった人参も短い人参も、愛情をこめて手剥きして、残さずジュースに仕上げます。

「確かに手間は多いですが、農家の苦労を思えば、このくらいの努力は当然ですよ」

ドロッと濃いのに、喉ごしはサラサラと流れるよう。フルーティな香りと、力強い甘み・香りは、人参の生命力をそのまま戴いている感覚で身体にしみわたります。有機農家と工場、そして伊藤さんの想いの詰まった究極の人参ジュースは、こうして作られているのですね。

伊藤 孝博 さん
(株)イー・有機生活

山形県生まれ。1976年日本ユニバック株式会社(現:日本ユニシス)入社以降、2000年6月日本アイ・ビー・エム株式会社退社まで主に金融機関のシステム開発を担当。
2000年7月「若者が日本の農業に夢を持って取り組めるようにしたい」との思いから、全国の約2000余りの有機栽培を実施している農業生産者が主体となって産地直送するネット通販会社、株式会社イー・有機生活を設立。

伊藤さんが開発した商品

フローエッセンス+(プラス)とは、7種類のハーブをブレンドしてできたハーブティーです。

使われているのはアカツメクサ・アカニレ・キバナアザミ・クレソン・ケルプ・ゴボウ・ヒメスイバ。
ことさらに珍しいものではないハーブですが、北米先住民族「オジブア族」に4000年以上の長きにわたって伝えられた伝統的製法でブレンドすることで、フローエッセンス+は完成しました。

4000年以上の歴史オジブア族ってどんな人たち?

オジブア族は、カナダとアメリカの国境付近、五大湖の近くを居住地域とする北米先住民族です。現在オジブア族の血をひく人口はカナダ・アメリカ両国に約17万人いるといわれ、北米に居住する先住民族では第4位の大きな部族です。

オジブア族は、ハーブや薬草に対する幅広く深い知識を持ち、毒としての利用から健康維持に対する方法として、野生の植物を使いこなしてきました。 4000年以上の歴史と叡智が作り上げたオジブア族秘伝のハーブ・ブレンド・レシピは、部族内でメディスンマンと呼ばれるごく限られた者にだけ伝えられた大切なものだったのです。

フローエッセンス+は伝統的製法で作られたハーブティーです

古来よりオジブア族が健康維持のために飲用してきた伝統的製法を正統に受け継ぎ、それを必要とする人に最高の品質で届けるため、フローラ社では国際品質保証機関(QAI)の厳格なガイドラインをクリアした原料だけを使ってフローエッセンス+(プラス)を製造しています。

ハーブの力を引き出したハーブティー

西洋では伝統的に、「ハーブティー」を健康維持に役立ててきました。
ハーブの力を十分に引き出したブレンドであるフローエッセンス+は、温めたミネラルウォーターで薄めて、ゆっくり、ゆっくり、お飲みいただくのがおすすめです。

フローエッセンス+にはドライタイプとリキッドタイプの2種類

フローエッセンス+には、液状の「リキッド」と、ブレンドしたハーブそのものの「ドライ」があります。
リキッドは薄めてそのままお飲みいただけます。
ドライは、ご家庭で煎じてお飲みいただけます。

成分は、品質を保持するため「リキッド」にごくわずかのクエン酸が加えられていますが、その他の成分は変わりません。
「ドライ」1箱4袋入りでリキッド8本分のフローエッセンス+を煮出すことができ、お徳用です。

ドライタイプ

1箱に4袋、正しく煎じると4リットル分となるドライハーブが入っています。
リキッドとの違いはクエン酸が含まれていないことだけで、その他の成分は全く同じです。
箱の中の説明書に「煎じ方・飲み方」が記載されています。
多少の手間はかかりますが、量的にお徳用であること、煮出した後のハーブを食べても差し支えないことから、多くの方に「ドライ」をご愛用いただいています。
煎じているときの香りも楽しみの一つといわれています。

リキッドタイプ

注意深く十分に煮出したフローエッセンス+を、そのまま遮光ボトルに詰めました。
品質を保つためにごくわずかのクエン酸を加えてあります。
そのためわずかですが、ほのかな酸味があります(人によっては感じられない程度)。
ハーブティといっても香りや癖は強くないので、どなたでも飲みやすく、飽きずに続けることができます。







濃縮還元ではない本物のしぼりたて、無添加人参ジュース

体が喜ぶ、ずっと飲み続けたい、しあわせ色の人参ジュースは、100%国産、無農薬にんじんを使用し、砂糖・保存料無添加です。

感動レベルのおいしさ!
人参臭さナシ!
人参嫌いもゴクゴク飲める味。
無農薬有機にんじん使用
人参以外の原料もすべて国産。
だから安心!
砂糖も保存料も無添加
甘味料・食品添加物不使用のピュアジュース。
4.5本分の人参がギュッ!(✳︎)
抗酸化物質βカロテンも、食物繊維もたっぷり。✳︎1本1リットルあたり

濃縮還元ではない本物のしぼりたて、無添加人参ジュースのココがスゴい!

βカロテンが豊富

ベータカロテン(ベータカロチン)は、緑黄色野菜に多く含まれる黄色色素です。
体内脂質の過酸化を抑制する抗酸化作用があり、抗酸化物質として注目されています。また、体内でビタミンAに変化してビタミンAとして働きます。
美容と健康の両面から注目されています。

ただし、加熱すると消えやすい為、生に近い状態で摂取する必要があります。こちらの人参ジュースは、独自の加熱殺菌法を用いて、ベータカロテンの減少を抑えています。

ドロッとした「とろみ感」

ドロッとした「とろみ感」があるので腹持ちがよく、朝だけ人参ジュースダイエットや朝食がわりに人参ジュースを飲まれている方もいらっしゃいます。
ニンジンとリンゴの果肉がそのまま入っているので自然な食物繊維が豊富にお摂りいただけます。コップ一杯(200ml)の人参ジュース中に1.8gの食物繊維が含まれています。
食物繊維は体の調子を整えダイエットにも欠かせない成分とされていますが、普段の食生活では何かと不足しがちですので、人参ジュースで美味しく摂取しましょう。
※成人一人当たりの食物繊維目標摂取量は1日20~25gです。



不快感を安心感に変える、布ナプキン

竹布(TAKEFU)布ナプキン



波動スピーカーに関して、よくいただくご質問を掲載しています。

機械が全くわからない、うちの機械に繋がるのはどれなの?など、ご不明な点がございましたらお気軽にお電話ください!
0120-61-5522(平日 10時~17時)

良くいただくご質問ランキング5

接続に関するQ&A

設置に関するQ&A

音に関するQ&A

お手入れに関するQ&A

料理研究家のローラ小林先生も、これは“うまみ革命”と絶賛!

玄米菜食主義だと肉や魚の旨みに慣れている人には旨みがもの足りないと感じる人も多いのよね。
ちょっと味がもの足りない時にこれを使うと旨みが増して美味しくなります。

ほんの少し加えるだけで全然味が変わるのよ。
あと、だし汁をとる時。本当はちゃんと昆布だしを摂った方が美味しいわよね。
でも、わざわざそれをとるのは面倒くさいなぁ、というときにもこれはオススメ。
うまさ革命と水を同割にしてだし汁かわりに。これだけでOK。

一人暮らし、単身赴任、忙しくて料理に時間をかけられないという方にもおすすめです。
これはうまさ革命というより“うまみ革命”ですね。


マクロビオティックの第一人者。
世界各地で講演活動、料理教室執筆活動に大活躍中。
東京プリンスホテル「グリルキッチン」での料理教室でもうまさ革命をご紹介下さいました。

私たちは開発者様・生産者様とのつながりを大切にしています!

プロ・アクティブで取り扱っている商品は、まず自分たちが使ってみて納得したものということはもちろん、その商品の開発者様やご縁をいただいたパートナーの方々の熱い想いや深いメッセージに感動し、共感し、それを私達も伝えていきたい、広めていきたい!と思ったものばかりです。
日々コミュニケーションをとりながら、開発者様による勉強会やお話会なども開催しています。

美と健康のためにカラダが求めるオイル、ウドズオイル オメガ3+6+9ブレンド(オーガニック)

イベントの様子や、商品の使い方、お客様からの投稿動画など、リアルな体験をご視聴いただけます。
玄米元氣のレシピ動画や、竹布の使用感、リメイクなどなど。
随時更新しておりますので、チェックしてくださいね♪

お客様からの投稿も大歓迎!

日々の暮らしの中で、悩んだり、困ることへの解決の糸口を。

波動スピーカー 株式会社エムズシステム 代表 三浦 光仁さん

これまでの常識を覆す、一つだけのスピーカーから流れる音色 「エムズシステムのスピーカーの形は、計算ずくで作り上げてこうしたというわけではなくて、自然に導かれ行き着いた姿。エムズシステムが開発したんだと […]

月のしずくシリーズ 株式会社シゲオカ 代表 重岡昌吾さん

「ゆの里」に湧き出るお水を守り、世の中のために流し続けていく 温泉施設の開業以来25年、「ゆの里」を訪れると、母の寿美子社長の傍らで、どんな時も穏やかな微笑みを絶やさず、一人一人、丁寧に分かりやすくお […]